注目のスタートアップ

クラウド型受発注ソフト「建設PAD」提供の「KPtechnologies」が5,200万円調達

company

2022年3月2日、株式会社KPtechnologoesは、総額5,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。

建設業界向けクラウド型受発注ソフト「建設PAD」を開発・提供しています。

契約書類・注文書・請求書などの書類をクラウド上で作成・管理・送受信できるサービスです。

電子契約法に準拠した形の契約書・注文書を生成するため、電子契約によって印紙代を削減することもできます。

今回の資金は、「建設PAD」の新機能の開発などに充当されます。

2001年の建設業法改正によって、建設業界でも電子契約書の使用が可能になり、大手企業を中心に電子化・ペーパーレス化が進みました。

建設業界では国からの依頼である公共事業も多く、国が建設事業者との取引において電子契約を導入したことも、建設業界のデジタル化にとって大きなことでした。

一方で建設業就業者の高齢化と若年層の減少が深刻であり、技術を持ったベテランが引退し、次世代への技術承継が行われないという危機に直面しています。

そのため建設業界は業界再編を行い、若年層が定着する働きやすい業界へと変革する必要があります。

デジタル化・DXは、変革のために重要な要素のひとつであり、まずはバックオフィス業務から取り組もうと考えている事業者も多数存在しています。

KPtechnologoesは、建設業界向けクラウド型受発注ソフト「建設PAD」の提供を通じ、様々な課題に直面する建設業界をバックオフィスの効率化・ペーパーレス化を実現することで支援しています。

企業の利益を最大化させるためには、IoTなどのテクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ KPtechnologies ペーパーレス化 受発注 契約書 建設 建設業界 書類 株式会社 請求書 資金調達 電子契約
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

美容従事者向け複合型シェアサロン「SALON VILLAGE」運営の「WBP」が資金調達
2021年11月15日、株式会社WBPは、資金調達を実施したことを発表しました。 美容従事者(美容師、ネイリスト、アイリスト、エステティシャン)向けの複合型ビューティーシェアサロン「SALON VIL…
「スカイマティクス」の葉色解析サービス「いろは」にブロッコリーの解析機能が新たに実装
2021年5月26日、株式会社スカイマティクスは、「いろは」にブロッコリーを対象とした解析機能を新たに実装し、2021年5月26日から提供を開始したことを発表しました。 「いろは」は、スカイマティクス…
「グローウィン・パートナーズ」が上場企業の経営企画部門・経理財務部門向け新サービスを提供開始
2020年4月15日、グローウィン・パートナーズ株式会社は、新型コロナウィルスの感染拡大防止による緊急事態宣言の影響により、事業計画の見直しや減損検討などが迫られる上場企業の経営企画部門・経理財務部門…
オリジナルIPのVRゲーム開発の「MyDearest」が資金調達
2022年2月28日、MyDearest株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 2021年6月30日には、総額9億円の資金調達の実施を発表しています。 MyDearestは、オリジナルIP…
企業向けシェフ・サービス「Green Dining」においてシェフ会員のための情報サイト「Green Dining Chef」がオープン
2021年2月3日、グラアティア株式会社は、「Green Dining Chef」を2021年2月から開始したことを発表しました。 グラアティアは、企業や個人のイベントと出張シェフをマッチングするサー…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ