M&Aコアドバイザーの「GCA」がヘルスケア/ライフ・サイエンス特化の子会社「GCAヘルスケア」を設立

令和2年4月1日、GCA株式会社は、GCAヘルスケア株式会社を設立したことを発表しました。

GCAは、独立系専業M&Aアドバイザリー・ファームです。

どの金融機関にも属さず、クライアントの最善の利益のた、M&Aの助言を行っています。

ヘルスケア/ライフ・サイエンス分野のM&Aや、経営資源提供の社会的意義が高まっている情勢を考え、M&A助言を通じた社会貢献の加速のためにヘルスケア・チームを分社化しました。

これにより、機動的な意思決定を可能にしてパートナー企業とのアライアンス等を通じた更なる経営資源獲得と成長を目指します。

ヘルスケア/ライフ・サイエンス分野は、開発のほかに、臨床が必要となります。そのためほかの分野のプロダクトよりも市場に提供するまで時間がかかり、それに応じて資金も必要となります。

社会的ニーズと株主のニーズをうまく満たすために、GCAなどの企業の取組みは今後さらに重要になっていくでしょう。

社会課題を解決する社会課題解決型ビジネスは、すぐに結果がでるものではなく、ビジネスとして成り立たせるために大きなハードルがあります。とはいえ持続可能な社会の実現のために不可欠な取組みです。また大きなビジネス・チャンスでもあるでしょう。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を突破してきたかを知ることは、起業や経営に大きく役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ GCA GCAヘルスケア M&A ヘルスケア ライフ・サイエンス 分社化 株式会社

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ