遊休地を屋台でシェアするサービス「STAND3.0」展開の「Replace」が資金調達

2020年3月31日、株式会社Replaceは、資金調達を実施したことを発表しました。

遊休地を屋台でシェアするサービス「STAND3.0」を展開しています。

遊休地に賑わいを生みたい土地オーナーと、低コスト・低リスクで出店したい方を屋台でマッチングするサービスです。

出店場所の確保から、食材加工のキッチンの提供、屋台の貸し出しまで、開業に関わるすべてをサポートすることで、低コスト・低リスクでの出店を実現しています。

2020年4月現在、大阪の梅田、新今宮、天満橋、難波に出店スペースがあります。

今回の資金は、JR西日本グループとの連携強化や、出店エリアの拡大などに充当されます。

SNSなどにより、店舗の立地は昔と比べると重要ではなくなってきています。そのため低コストで出店できるキッチンカーが年々増加してきています。

また、インバウンド需要も要因とみられています。

屋台はキッチンカーと比べると、移動ができないというデメリットが生まれてしまうものの、キッチンカーよりも店舗そのもののコストが抑えられるというメリットが生まれます。

まだ、屋台市場に関する分析は進んでいないものの、野外で飲食するという特別感は時代にマッチしたものですから、これから先、伸びてくることが予想されます。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊に、飲食に特化した「飲食開業手帳」があります。立地や内装、物件のポイント、手続きなど、出店に関わるものや、資金調達、資金繰りの改善、スタッフの採用・教育など、飲食店の開業に必要なノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Replace STAND3.0 スペース マッチング 屋台 株式会社 資金調達 飲食

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ