AIによる不正ユーザー検知システム「Stena」提供の「ChillStack」が3,000万円調達

2020年3月31日、株式会社ChillStackは、約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、AI特化型インキュベーターの、株式会社ディープコアです。

AI技術を用いた不正ユーザー検知システム「Stena」を開発・提供しています。

チートやBOTなど、サービス運営において大きな被害につながる不正行為を自動で検出するシステムです。

オンライン・ゲームや、Webサービス、スマートフォン・アプリなど、あらゆるサービスでの利用が可能です。

今回の資金は、AI技術を用いたセキュリティ・システムの開発・改良の加速に充当されます。

従来のセキュリティ技術では、ユーザーの不正を後手でしか対策できませんでした。

AIや機械学習により、汎用的な対策を先んじて行うことができます。AIによるセキュリティと、従来のセキュリティをあわせることで、さらに強力なセキュリティ対策を実施できるでしょう。

起業すると、様々なツールやシステムを導入することになると思います。しかし、もしデータの流出が起きてしまうと、大変な被害になってしまいます。「冊子版創業手帳」では、ICTの専門家にインタビューを行い、ICTの活用方法や、創業時のセキュリティ対策について伺っています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI ChillStack Stena セキュリティ 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集