ケア・プラン作成支援AI「ケアプランアシスタント」開発などの「ウェルモ」が15.7億円調達

2020年3月26日、株式会社ウェルモは、総額15億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、東京電力パワーグリット株式会社などです。東京電力パワーグリットとは、業務提携契約を締結しています。

介護の地域資源情報を集約するプラットフォーム「ミルモネット」や、児童発達支援・放課後等デイサービス「UNICO(ユニコ)」を運営しています。

また、ケア・プラン作成支援AI「ケアプランアシスタント」を開発しています。2020年夏の発売を予定しています。

東京電力パワーグリットが提供する、生活行動を推定する機能や宅内エネルギー推定機能を実現するIoTプラットフォームと、「ケアプランアシスタント」や「ミルモネット」を連携させることにより、電力データに基づいたケア・プラン作成の効率化や、介護の質の向上などを実現します。

超高齢社会を支えるため、介護・福祉のイノベーションは非常に重要であり、社会的に意義がある取り組みです。

テクノロジーにより介護業界の業務効率を改善するサービスや、在宅医療・遠隔介護サービス、コミュニティ・サービスなど、様々なサービスが提供されており、今後も成長することが予測されています。

社会課題を解決するビジネスは、成立させるためにハードルがあります。しかし持続可能な社会の実現のために不可欠な取組みであるため、大きなビジネス・チャンスです。「冊子版創業手帳」では、様々な起業家のインタビューを掲載しています。先人がどのように困難を突破してきたかを知ることは、起業や経営に大きく役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI UNICO ウェルモ ケアプランアシスタント プラットフォーム ミルモネット ユニコ 介護 株式会社 福祉 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集