レシピ管理・共有サービス「MyMeal〜私のレシピ手帳!〜」が正式リリース

2019年11月6日、ネイバーズミール株式会社は、「MyMeal(マイミール)〜私のレシピ手帳!〜」を正式リリースすることを発表しました。

「MyMeal〜私のレシピ手帳!〜」は、自分のレシピを簡単に管理し、家族や友達に共有できるアプリです。

レシピ本や、料理動画、TV番組、SNSなどを参考に作った料理のレシピを簡単に登録することができます。

ネイバーズミール株式会社 代表 重光 洋平氏のコメント

今回のニュースにつきまして、ネイバーズミール株式会社 代表 重光 洋平氏よりコメントが届きました!

重光 洋平
学生時代、イギリスとインドネシアに合計8年の海外滞在経験を持つ。大学卒業後、経営コンサルティング会社へ入社。翌年、医療サービス会社に転職し、インドに駐在。2年半の駐在で、西インドのムンバイ、プネ、アーメダバードの3支店の立ち上げを行う。インドネシア支店へ異動の後、退職、ITの道へ。プログラミングの学習を始め、シドニーへ渡豪。2017年にネイバーズミール株式会社を設立。2019年にレシピ管理アプリMyMealをリリース。
ー新サービスを始めた経緯について教えてください。

重光:元々料理が好きで、様々なレシピ配信サービスを利用させて頂き、料理を楽しんでいました。しかし、気になるレシピの数が増えるにつれ、データを管理をすることが大変な作業になってきたので、その解決策として自分のレシピを簡単に管理ができるMyMealを開発しました。

また、料理が上手なインスタグラマーをよくフォローしていましたが、その料理の投稿には、いいね!やコメントをすることしか出来ない現状に不満を持っていました。なぜなら素敵な料理と出会った時こそ、その作り方が知りたいと思ったからです。そこで、自分のレシピを管理できるだけでなく、他の人の気になるレシピも簡単にみられるようSNS機能を加え完成したのが、MyMealでした。

ー今回の発表について、どのような反響がありましたか?

重光:様々なメディアに取り上げて頂き、大きな反響がありました。周りの友人からアプリダウンロードしたよ!と連絡が入ったり、SNSで宣伝をしてくれる心優しい友人もいました。とても感謝しています。

また、ベンチャーキャピタルからのご連絡も頂いており、今後会社を大きくすることにワクワクしています。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

重光:MyMealは、従来のような「料理」を調べるサービスではなく、「誰々のレシピ」を楽しむことのできるエンタメ性とコミュニケーションを含んだこれまでに無い新感覚のサービスです。今後、有名人の作るレシピをファンが見て作ってみた!そんなことができるようになります。

また、国内市場でプロダクトを更に洗練したのちには、海外進出を考えています。地球の反対側の一般家庭で作られる料理を、MyMealを開けば見ることのできる。そんな世界を作ります。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ MyMeal ネイバーズミール リリース

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ウェルビーイング実現のためのメンタル・トレーニング・サービス運営の「emol」が2,000万円調達
2019年12月2日、emol株式会社は、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、エンプロイー・ウェルビーイングを実現するメンタル・トレーニング・サービス「emol work…
ダイレクト・リクルーティング・システム「SAIYAJIN」がリリース
2019年11月25日、株式会社SIPS-1は、グループ企業の株式会社アッドラストが「SAIYAJIN」をリリースしたことを発表しました。 「SAIYAJIN」は、ダイレクト・リクルーティング・システ…
フリーランスなど小規模事業者向けデータ保全サービス「Amberltライト」がリリース
2019年11月26日、株式会社ボウラインマネジメトは、「Amberltライト」をリリースしたことを発表しました。 「Amberltライト」は、フリーランスを含めた小規模事業者向けのデータ保全サービス…
少人数イベントの開催から採用までをサポートするプラットフォーム「Meety」がリリース
2019年11月6日、株式会社Meetyは、「Meety(ミーティー)」を提供開始したことを発表しました。 「Meety」は、企業が主催するミートアップや、少人数のトークイベントを簡単に企画・掲載し、…
ライブ配信によって求職者にアピールできる採用サービス「BUIVER」がリリース
2021年2月22日、株式会社BUIVERは、「BUIVER(ビーバー)」を2月にリリースすることを発表しました。 「BUIVER」は、企業がライブ配信によって求職者に対して自社の魅力や、仕事内容、仕…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ