コーヒーのサブスクリプション・サービス運営の「POST COFFEE」が5,000万円調達

2019年10月1日、POST COFFEE株式会社は、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

コーヒーのサブスクリプション・サービス「PostCoffee」を運営しています。

アプリからコーヒー豆を注文することができ、最短で翌日に自宅のポストに投函されます。

プランには、月額0円のBasicメンバーと月額1,280円のマンスリー・メンバーがあります。

マンスリー・メンバーなら、毎月1パッケージが無料、送料無料でサービスを利用できます。

POST COFFEE株式会社 CEO 下村 領氏のコメント

今回のニュースにつきまして、POST COFFEE株式会社 CEO 下村 領氏よりコメントが届きました!

下村 領
今期で17期目となるデジタルクリエイティブ制作の会社を兄弟で経営。デザイナー兼エンジニアとして常に第一線で活動をする。また渋谷区富ヶ谷でコーヒースタンドをオープンし2年半ほどバリスタを兼務するなど、クリエイティブとエンジニアリングとコーヒーの知見に長ける。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

下村:私はデジタルクリエイティブの会社を経営し、デザイナー兼エンジニアとして業界で20年活動しています。また、数年前まで渋谷区でコーヒー屋も経営していました。コーヒー屋を経営する中で、「美味しいコーヒー」と消費者の縮まらない距離の遠さに気づき、それをテクノロジーの力で解決できるのではないかと、今回事業の立ち上げに至りました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

下村:調達のプレスリリースからまだ2日しか経っていませんが、各メディアで取り上げて頂けたのとSNSで大きく話題になりました。それに伴って、登録ユーザー数も伸びています。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

下村:年内中に「コーヒーのパーソナライズ」の機能をリリースする予定です。コーヒーに直接関係のないライフスタイルや好きなスイーツなどの質問に応えていくだけで、そのユーザーごとに適したコーヒー、器具をまとめて提供していきます。「美味しいコーヒー」のハードルを下げ、より多くの人にスペシャルティコーヒーを楽しんでもらいたいと考えています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ POST COFFEE PostCoffee サブスクリプション 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集