ものづくりの原価管理自動化「GenKan」の開発元が3,000万円調達

2019年1月16日、株式会社KOSKAは、3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、500 Startups Japanです。

KOSKAは、製造業向け原価管理自動化サービス「GenKan(ゲンカン)」を開発しています。

手間のかかる作業である、実績データの取得・実際原価計算・分析を自動で行うサービスです。

生産・製造設備にセンサーやカメラをつけるか、すでにIoTにより取得しているエッジ・データを利用するので、導入・運用に余計なコストがかからないことを特徴としています。

現在、2019年2月のβ版リリースに向けて、実証実験を行っています。

カテゴリ 有望企業
関連タグ IoT関連のニュース 製造業関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)