注目のスタートアップ

AIを活用したプロセスインフォマティクスにより製造業の製造プロセス最適化を行う「アイクリスタル」が2.7億円調達

company

2024年2月16日、アイクリスタル株式会社は、総額2億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

アイクリスタルは、AIを活用したプロセスインフォマティクス(PI)により、製造業におけるプロセス最適化を伴走支援しています。

サービスとしては、PI活用のリテラシーを高めたい事業者向けの教育サービス「アイクリスタル寺子屋」や、PI活用の土壌を作りたい事業者向けの伴走支援サービス「PI顧問」、PIにより具体的な製造課題を解決する「Professional」を展開しています。

独自のアプローチにより、データの少ない製造業において、過去の実験データと実験条件に意図を学習させることで、AIの学習効率を向上させています。そして技術者とAIが協働してキャッチボールをくり返すことでデジタルツインの精度を向上させ、最適条件を提案し、短時間での解析・最適化を実現しています。


半導体産業は、社会・産業のデジタル化に伴い、爆発的な成長が予測されています。

日本のものづくりはかつて世界的に強い競争力を誇っていました。しかしとくにデジタルエレクトロニクス産業については、アジアの新興国の台頭により2000年頃から衰退していきました。

一方で、電子材料などの機能性化学品などについてはいまだ強みを有しており、国際競争が激化し、市場の成長が見込まれている中、競争力の維持やさらなる成長に向けた取り組みが重要となっています。

こうした中で注目されているのが、ものづくりに情報科学の力を活用するマテリアルズインフォマティクス(MI)やプロセスインフォマティクス(PI)です。

MIは、機械学習など情報科学の技術を用い、素材探索の効率を高める取り組みのことです。たとえば、コンピューター上で原子配列の特質を計算したり、過去の論文を分析することで新たな素材の組み合わせを発見したりすることが可能となります。

PIは、MIの考えをプロセス開発に応用した取り組みのことです。材料の合成・製造方法を効率的に探索・最適化することを目的としています。

アイクリスタルは、プロセスインフォマティクスに特化したプロフェッショナル集団であり、製造業の製造プロセスの最適化を支援しています。

事業の成長には資金調達や、シナジーの見込める企業との事業連携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、創業期の資金調達について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB PI PI顧問 アイクリスタル アイクリスタル寺子屋 プロセス プロセスインフォマティクス ものづくり 伴走支援 最適化 株式会社 製造 製造プロセス 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

在留外国人向け求人サービス「YOLOバイト」など運営の「YOLO JAPAN」が資金調達
2020年4月7日、株式会社YOLO JAPANは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社JR西日本イノベーションズです。 外国人向けの求人掲載メディア「YOLOバイト」や、留学生…
パーソナル・ジム「REAL WORKOUT」運営の「WORKOUT」が資金調達
2019年12月9日、株式会社WORKOUTは、資金調達を実施したことを発表しました。 パーソナル・ジム「REAL WORKOUT」を運営しています。 2019年12月現在、関東地域を拠点にグループ2…
岩手で介護福祉事業を展開する「航和」が資金調達
2022年9月1日、株式会社航和は、資金調達を実施したことを発表しました。 航和は、IoTを積極的に活用し介護現場の効率化を図った介護施設(居宅介護支援事業所、通所介護事業所、訪問介護事業所)の運営や…
BtoB事業用駐車場プラットフォーム「at PORT」展開の「ランディット」が7,000万円調達
2021年10月13日、ランディット株式会社は、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 BtoB専用の事業用駐車場手配サービス「at PORT(アットポート)」を提供しています。…
ソーシャル投資アプリ「woodstock.club」を手がける「Woodstock」が5億円調達
2024年5月20日、Woodstock株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Woodstockは、Z世代向けSNS型投資アプリ「woodstock.club」を運営してい…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】