国際物流スタートアップの「Shippio」が1.9億円調達 サービスも正式リリース

company

2018年12月3日、株式会社Shippioは、1億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、国土交通大臣より「第二種貨物利用運送事業者」の許可を取得したことに伴い、国際物流プラットフォーム「Shippio」の正式版をリリースすることも併せて発表しました

画像解析や機械学習等のテクノロジーを活用し、輸出入手続き関係書類の作成・管理を大幅に簡素化させ、業務効率の劇的な改善、貨物・決済の見える化を実現する、業務支援ツール「Shippio」を開発・運営しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 新規事業 業務効率 物流 運送業

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

営業組織を強化するプログラム提供の「Buff」が資金調達
2019年3月28日、株式会社Buffは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社サイバーエージェント・キャピタルです。 営業組織を強化するプログラム「Buff Sales」を提供し…
クリエイターとファンをつなぐ独自通貨「CLAP」のβ版がリリース
Onokuwa, Inc.は、「CLAP」のiOS版アプリをローンチしたことを発表しました。 Onokuwaは、クリエイターとファンをつなぐ独自通貨の「CLAP」を開発しています。 クリエイターの集う…
給料前払いサービス「Payme」がローンチ 5200万円調達!
平成29年9月4日、株式会社ペイミーは、総額5200万円の資金調達を実施しました。 また、給料前払いサービス「Payme」をローンチしました。 将来受け取る分の給料を先に受け取ることができるサービスで…
建築業界初の保証付き決済代行サービス「Localworks Payment」が正式リリース
平成29年11月14日、株式会社ローカルワークスは「Localworks Payment」の正式リリースを発表しました。 「Localworks Payment」は、建築業界における施工代金決済代行・…
後継者の新規事業開発の課題を解決する「アトツギ総研」が設立
2019年12月23日、一般社団法人ベンチャー型事業継承は、「アトツギ総研」を設立したことを発表しました。 家業で新規事業開発に取り組む中で直面する課題に対し、解決に資する情報提供を行うシンク・タンク…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ