契約書レビュー支援サービス開発の「LegalForce」が5億円調達!

2018年11月30日、株式会社LegalForceは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

自然言語処理を用いたクラウド型契約書レビュー支援サービス「LegalForce」を開発しています。

契約書の条文内容をAIを用いてレビューし、修正案を提示するサービスです。

現在、オープンβ版として秘密保持契約、業務委託契約等5類型の契約書レビュー機能を提供しています。

今後は、対応類型の拡充、多言語対応、カスタマイズオプション、管理機能などの機能を追加する予定です。

今回の資金は、開発体制のさらなる強化、経営基盤の拡充、人材採用の強化に充当されます。

株式会社LegalForceよりコメント

今回の資金調達について、株式会社LegalForceからコメントが届きました。

ー起業の経緯について教えてください。

「リーガルサービスの提供の在り方をよりユーザーフレンドリーにしたい。」、「高度なリーガルサービスを、地理的な制約や弁護士報酬の多寡に関わらず、より多くのクライアントが享受できるようにしたい。」、「弁護士の労働集約型の働き方を変えていきたい」、「テクノロジーでリーガルサービスを支え、法インフラの基幹となっていきたい。世界標準のリーガルサービスを作っていきたい」。

同世代の起業家が社会課題を解決するために自ら起業し、リスクをとって全力疾走していることに背中を押され、社会が複雑化し、構造的に変化してゆく中で、あるべきリーガルサービスの在り方を考え尽くした結果として、LegalForceを起業しました。

ー今回の資金調達の目的はなんでしょうか?

 
プロダクトのさらなるアップデートに向けた開発体制強化・人材採用の強化が、今回資金調達を行なった目的です。

ー今回の資金調達について、反響はありましたか?

現在、様々なところから多くのお問い合わせをいただいております。

カテゴリ 有望企業
関連タグ AI関連のニュース クラウドサービス関連のニュース 契約書関連のニュース 契約書チェック関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集