モノ置きシェアの「モノオク」とお金のシェア「Gojo」の運営元が業務提携

平成30年8月27日、モノオク株式会社は、株式会社BrainCatと業務提携契約を締結したことを発表しました。

モノオクは、空いたスペースを活用して荷物を預かりたい人と荷物を預けたい人をマッチングするサービス「モノオク」を運営しています。

BrainCatは、共通の想いを持つ人々がコミュニティを作り、助け合いや共創のできるプラットフォームサービス「Gojo」を運営しています。

コミュニティ内で使える共通のお金を集めることで、企業や国からではカバーされないリスク事象への対処やユーザー参加型の継続的なクラウドファンディングができるようになります。

今回の提携により、モノオクとGojoの双方のユーザーに対して、サービスページ上での掲載など相互紹介を行っていきます。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド
関連タグ マッチング 提携

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集