注目のスタートアップ

飲食店の余った料理とユーザーをつないで食品ロスを削減する「TABETE」展開の「コークッキング」が1.1億円調達

company

2022年1月31日、株式会社コークッキングは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

フードシェアリングサービス「TABETE」を運営しています。

中食・飲食店舗において、まだおいしく安全に食べられるのに、閉店までに売り切ることが難しく廃棄されそうな料理・食品と、ユーザーをマッチングすることで、店舗の売上に貢献するだけでなく、食品ロス(フードロス)削減を行うサービスです。

クレジットカード決済を済ませてから店舗に引き取りに行く仕組みであるため、ドタキャンや店舗での金銭のやり取りは発生しません。

2022年1月現在、登録店舗数は約2,000店舗、登録者数約49万人を突破しています。

今回の資金は、組織体制の強化、「TABETE」のサービス改善、新規店舗・新規ユーザーの獲得のための施策、既存ユーザーのエンゲージメント向上のためのセールス・マーケティングの強化などに充当されます。

食べることができるのに捨てられてしまう食品のことを、食品ロス(フードロス)と呼びます。

食品ロスはもったいなく、環境にも悪い影響を与えますが、日本では年間約570万トンもの食品ロスが発生しています。

食品ロスには“事業系食品ロス”と“家庭系食品ロス”の2種類があります。

事業系食品ロスのほうが廃棄量が多く、全体のうち年間309万トンを事業系食品ロスが占めています。

また事業系食品ロスは、食品製造業、外食産業、食品小売業、食品卸売業に分けられます。

外食産業と食品小売業を合わせると167万トン(全体の約30%)であるため、非常に多くの廃棄がここから発生しているのがわかります。

外食産業・食品小売業では、閉店が近いのに売れ残っている料理・食品などが食品ロスにあたります。

こういった衛生上の問題からまた明日売るわけにはいかない料理・食品は閉店後に捨てられてしまうこととなります。

「TABETE」はこのような料理・食品を、既存の価格よりも安くアプリ上に掲載することで、引き取ってくれるユーザーとマッチングするサービスです。

消費者へのSDGsの意識が浸透してきたことで、食品ロスに関する取り組みを行っている飲食店・小売店がポジティブに評価されるようになってきました。

サービス開始当初は、売れ残りとして掲載することは恥であるといったプライドの問題などがありましたが、時代の流れによりそういった考えも減ってきているようです。

今後もSDGsの流れは加速していくと考えられるため、食品ロス削減など新たな取り組みを経営戦略に組み込んでいくことが重要です。

食品ロス削減など、SDGs周りには多くのビジネスが眠っています。消費者の意識の変化も激しいため、市場を分析することの重要性はさらに高まっています。「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ TABETE コークッキング シェアリング フード フードロス マッチング 削減 株式会社 食品 食品ロス 飲食店
関連記事はこちら

コークッキング 川越 一磨|フードシェアリングサービス「TABETE」で食品廃棄が無い未来を創る。

飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

経済的な支援策をまとめた情報サイト「POTETO コロナ対策特集」のLINE@(β版)がリリース
2020年6月8日、株式会社POTETO Mediaは、「POTETO コロナ対策特集」のLINE@(β版)をリリースしたことを発表しました。 「POTETO コロナ対策特集」は、新型コロナウイルス感…
「弥生」が会計事務所の記帳代行業務を効率化する 「記帳代行支援サービス」を開始
2020年9月28日、弥生株式会社は、「記帳代行支援サービス」を開始したことを発表しました。 「記帳代行支援サービス」は、会計事務所が顧問先(事業者)の代わりに会計帳簿作成を行う業務を支援するサービス…
バーチャル空間「oVice」提供の「oVice」が「Zoom Video Communications」と業務提携
2021年11月29日、oVice株式会社は、Zoom Video Communications, Inc.と業務提携契約を締結したことを発表しました。 oViceは、バーチャル空間「oVice(オヴ…
指輪型ヘルスケアデバイスを開発する「Amos」が1億円調達
2021年11月5日、Amos株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 血中酸素飽和度・心拍などの生体情報や、加速度センサー・ジャイロセンサーによる運動情報を連続的に取得可能な指…
アート専門Webメディアなど運営の「KAMADO」が資金調達
2021年5月31日、株式会社KAMADOは、資金調達を実施したことを発表しました。 アート専門のWebマガジン「KAMADO」や、アート作品・プレゼントがもらえるかもしれない抽選サービス「KUJI」…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ