音楽サービス「クレオフーガ」が最先端テクノロジー研究所「Music Tech Lab」を設立

平成30年6月21日、株式会社クレオフーガは、「Music Tech Lab(ミュージック・テック・ラボ)」を設立したことを発表しました。

また、平成30年6月20日に、第1回目を開催し、「ブロックチェーン」をテーマにディスカッションをおこないました。

具体的には、、著作権管理分野を中心に、クリエイターの収益化支援に繋がる活用方法について検討しました。

「Music Tech Lab」は、音楽ビジネスに応用できるであろう最先端技術をクレオフーガの音楽事業に活用することを目指します。

月に1度開催し、特定のテーマを設けてディスカッションを行います。また、社内外のエンジニア・研究者による実証実験も行います。

主な研究テーマは以下です。
・機械学習による楽曲の自動タグ付け
・ブロックチェーンによる音楽著作権管理、使用料分配
・AIによる作曲、編曲
・AIによるクリエイター向け作曲支援システムの開発
・クリエイター、アーティストのICOによる資金調達

クレオフーガは、音楽コンテストをインターネット上で開催するサービス「CREOFUGA」や、楽曲・効果音などの音素材を販売するサービス「Audiostock(オーディオストック)」を運営しています。

関連記事はこちら
ユーザーの為に音楽業界をシンプルに変える!クレオフーガ社長 西尾氏インタビュー
カテゴリ トレンド
関連タグ 音楽業界関連のニュース

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら