1万人を超える会計士集団を有する「TKC」とは?基本情報やメリット・デメリットを解説

創業手帳

会計士と密接なつながりを持つ「株式会社TKC」の基本情報や、サービスのメリット・デメリットを解説します

TKCグループ
企業経営を行う上で、会計業務は欠かせません。会計ソフトを利用することで、専門的な知識やスキルがなくても会計業務を行えますが、疑問点を解決してくれる存在がいると便利です。

今回ご紹介する株式会社TKCは、プロの会計士集団を組織化し、企業向けに紹介サービスを行っています。具体的にどのような企業であるのか、サービスを利用するメリット・デメリットを解説します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

TKCとは?


株式会社TKCとは、会計事務所や地方公共団体向けにシステムの開発や提供を行っている企業です。1966年に設立と歴史も長いだけでなく、時代に合わせてクラウドサービスも展開しています。自社による24時間365日稼働状況を監視し、セキュリティ面の強化を行っているのも特徴です。

TKCの基本情報


TKCのサービスをよく知るために、基本情報から押さえておきましょう。日本全国で活躍する税理士や会計士とのつながりが強く、1万人を超える組織を構成しています。

1万1,000名の税理士・会計士を擁する「TKC全国会」

TKCでは、1万1,000名の税理士と会計士が参加する「TKC全国会」を組織しています。TKC全国会とは、「租税正義の実現」、「中小企業の存続・発展の支援」、「TKCシステムの徹底活用」といった事業目的をもとに、1971年に結成された国内最大級の職業会計人集団です。

TKC全国会の存在によって、所属する税理士、会計士の業務スキルの向上を可能としています。最終的に、会計業務を必要とする個人事業主や経営者にとってもプラスになる組織です。

会計事務所や地方公共団体向けにサービスを展開

TKCでは、会計のプロである会計事務所や、膨大な会計作業を必要とする地方公共団体向けの事業を行っています。会計事務所向けの事業では、会計事務所やその顧客である企業への情報処理サービスの提供、さらに、上場会社への連結会計・連結納税といったシステム導入がメインです。

一方。地方公共団体向けの事業は、日本全国に13ヵ所ある営業所を活用し、各市町村での税務システム導入、住民基本台帳に関連する基幹業務、地域住民向けサービスを提供しています。

TKCを利用するメリット


TKCを利用する前に、メリットをチェックしておきましょう。法人向けに税理士を紹介するサービスを行っており、企業の成長フェーズごとに適した税理士を見つけられます。税理士と相談できる機会もあるため、会計業務でちょっとした不安や疑問点がある際にも活用しやすいのがメリットです。

創業期に適した税理士を見つけやすい

TKCを活用することで、創業したばかりの企業に適した税理士を見つけやすくなるのがメリットです。1万1,000名が所属する「TKC全国会」は、国内企業の経営者向けに税理士を紹介するサービスを行っており、起業したタイミングはもちろん、2年目、3年目とそれぞれのステップに応じて税理士を紹介してくれます。

なお、TKC全国会による税理士紹介は、無料で利用可能です。TKC全国会のホームページから気軽に申込できるため、手間をかけずに税理士を探したい経営者にとって嬉しいサービスです。

会社経営に必要な会計・財務ノウハウを学べる

企業経営に関連する会計・財務ノウハウを学べる機会があるのもメリットです。TKC全国会を通して、会計業務に関するアドバイスだけでなく、経営全体の助言、さまざまな経営指標の改善対策を受けられます。税理士との相談も行えるため、自社に適した自社の事業や経営計画についてのアイデアをもらいたい経営者にも最適です。

会計ソフトを通じてサポートを受けられる

TKCは、自社で独自開発した会計ソフトを提供しています。法人向けサービスである「FXクラウドシリーズ」は、中小企業から大企業まで、会社の規模を問わず経理作業の効率化が可能です。

TKCの会計ソフトは、全国の税理士が使っているということもあり、税制・法令に遵守に力を入れています。また、「365日変動損益計算書」、「部門別業績管理」、「取引先データベース」といった指標を可視化する機能も搭載しているため、経営力の向上にもつなげられます。

TKCのデメリット


最後に、デメリットにも触れておきましょう。通常の会計ソフトと異なり、独自の機能やレイアウトを採用していることから、多少使いにくいと感じる可能性があります。

一般向けの会計ソフトと仕様が異なる

TKCのデメリットとして、一般向けに販売されている会計ソフトと仕様が異なる点が挙げられます。メリットでもご紹介した通り、会計業務に関するシステムだけでなく、経営に関する数値を可視化など便利な機能を搭載しているのが特徴です。すべての機能を活用しきれない場合もあるため、あらかじめ会計士との相談や自社で必要な機能を取捨選択しましょう。

まとめ

TKCは、多くの税理士とつながりがあり、高い信頼性を有しています。会計に関する悩みを抱えている企業にとって、自社に適した税理士を探せるほか、法人向け専用の会計ソフトを提供しているのも嬉しいポイントです。TKC全国会を活用して税理士探しを円滑に行えるため、創業間もない企業も有効に活用できます。

創業手帳冊子版では、ビジネスに実用的な情報を掲載しています。無料で配布しておりますので、ぜひご活用ください。

関連記事
金子裕子会計士が教える! 起業家が押さえるべき6つの売上げの計上で迷うポイント
税理士とは 仕事の内容をわかりやすく解説。良い税理士を探すポイントは
こちらのカテゴリをご覧になっている方へおすすめしたい創業手帳冊子
会計・税務は最新号の創業手帳(冊子版・無料)も併せて読んで見て下さい。

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ