ジャパンネット銀行の特徴は?基本機能からメリット・デメリットを解説

創業手帳

ジャパンネット銀行の法人口座を徹底解説!開設前にしっておきたい便利な基本機能や、メリット・デメリットをご紹介します。

ジャパンネット銀行
自社におけるお金の管理や、ほかの企業との取引に、「法人口座」の開設は必要不可欠です。とはいえ、数多くある銀行のなかから、どこで口座を開設すればいいか悩んでいる起業家や経営者の方が多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では、インターネット専業銀行である「ジャパンネット銀行」についてご紹介します。基本機能はもちろん、法人口座を開設するメリット、審査難易度も合わせて参考にしてみてください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

ジャパンネット銀行とは?

画像引用元:ジャパンネット銀行ホームページ 「Visaデビットカード」より

ジャパンネット銀行は、2000年に国内初のインターネット専業銀行として生まれました。従来では当たり前とされていた「通帳」や「口座開設の来店」の必要を無くし、完全オンラインでの取引が可能です。

ジャパンネット銀行の基本機能


法人口座を開設する際には、口座としての基本機能を確認しておきましょう。ジャパンネット銀行の法人口座は、 「Visaデビットカード」が付いているほか、「いつでも利用可能なネットバンキング」、そして「安い振込手数料」が魅力です。

すべての口座開設者に「Visaデビットカード」を発行

ジャパンネット銀行では、法人口座を開設すると自動的に「Visaデビットカード」が発行されています。通常であれば、デビットカードを発行するためには、各金融機関での審査を受ける必要がありますが、ジャパンネット銀行では審査を不要としています。

ジャパンネット銀行のVisaデビットカードの特徴は、「キャッシュカード一体型」である点です。カード1枚で、お金の引き出しや、店舗での決済を行えるため、普段持ち歩くカードの枚数を減らすことができます。また、決済後は、Web明細をCSVファイルで出力でき、会計ソフトとの相性も抜群です。

24時間365日に対応した「ネットバンキング」

インターネットを使用し、24時間365日の取引が可能です。顧客先への振込や、毎月の支払に関する振替をいつでも行えます。

また、提携ATMでの「預け入れ」、「引き出し」、「残高照会」も24時間265日対応しているのが特徴です。ゆうちょ銀行やセブン銀行、三井住友銀行といった幅広いATMと提携をしているため、利便性にも優れています。

他行宛てでも安い「振込手数料」

ジャパンネット銀行の振込手数料は、他行よりも安いのが特徴です。まず、ジャパンネット銀行口座宛ての振込手数料は、3万円未満で「55円(税込み)」、3万円以上も「55円(税込み)」しかかかりません。

また、他行宛てに関しても、3万円未満で「176円(税込み)」、3万円以上で「275円」です。一般的な都市銀行を利用すると、1回の取引で500円ほど手数料が発生することもあることから、ジャパンネット銀行は経費節約に適しています。

ジャパンネット銀行を選ぶメリット


基本機能だけでなく、口座開設によるメリットも大切です。業務の負担軽減につながる「多様な振込機能」、大事なお金を守る「高いセキュリティ性能」、スマートフォンでいつでも取引できる「ビジネスアプリ」など、ジャパンネット銀行のメリットを解説します。

ビジネスに便利!「多様な振込機能」

ジャパンネット銀行を選ぶメリットとして、「多様な振込機能」が挙げられます。通常の振込機能に加え、複数の振込を一括で行える「WEB一括振込」や、最大30件までまとめて振り込める「WEB総振」といった方法を備えており、業務効率向上の最適です。

安心して利用できる「高いセキュリティ性能」

ジャパンネット銀行は、セキュリティ面にも優れています。法人口座を開設すると送られてくるカード型トークンは、利用するごとに1度だけ有効可能な「ワンタイムパスワード」を搭載しており、第三者によるアクセスを未然に防げます。

また、ログインや残高照会、取引になどに関する操作履歴を「過去90日間」遡れるため、トラブル発生時の原因特定にも役立ちます。

「ビジネスアプリ」を使って簡単に操作可能!

「ビジネスアプリ」を使いスマートフォンから取引を行えるのも、ジャパンネット銀行法人口座のメリットです。ビジネスアプリでは、最大20口座まで同時に振り込めるほか、グループごとの振込にも対応しています。

アプリ上では、残高や取引内容がリアルタイムで表示されるため、過去のやりとりを確認したい際にも便利です。なお、ビジネスアプリは、iPhoneとAndroidの両スマートフォンからダウンロードできます。

法人口座限定!「最大20口座」まで開設できる

ジャパンネット銀行の法人口座では、1事業者につき、最大20口座まで開設できます。ネットショッピングのモールごとに口座を振り分けたり、社内の部署ごとに口座を付与したりすることで、入出金を管理しやすくなるのがメリットです。

さらに、法人口座限定機能である「BA-PLUS」を利用し、代表口座とそれぞれの口座間で、資金回収やお金の配分も簡単に行えます。

ジャパンネット銀行を選ぶデメリット


実際に法人口座を利用する際には、デメリットについても考慮しましょう。自社にビジネスによっては、不便に感じてしまうこともあるため、法人口座を開設するまたに、気をつけておきたい点を確認します。

実際の店舗がない

窓口でのやりとりを行えないのが、デメリットとして挙げられます。都市銀行と異なり、ジャパンネット銀行では、実際の店舗を用意していないため、口座開設や問い合わせをすぐに行えません。

なお、ジャパンネット銀行に来店する際には、事前に予約をしておく必要があります。また、窓口がない代わりに、ホームページのチャットボットや、電話による問い合わせに対応しています。

海外送金に対応していない

ジャパンネット銀行の法人口座から、海外口座への送金を行えません。海外企業との取引でお金のやりとりを実施する際には、ほかの口座を準備しましょう。

ジャパンネット銀行の審査難易度は?


画像引用元:ジャパンネット銀行ホームページ 「口座開設」より

気になる法人口座の審査難易度は、ほかの金融機関同様に難しくなっているのが現状です。犯罪に使われないか、企業経営に問題ないかが問われるため、十分に気をつけなければなりません。

ジャパンネット銀行は、窓口サービスを実施していないため、提出した書類が審査の評価につながります。企業ホームページも重要な評価材料であるため、「法人名」、「所在地」、「代表者や役員の本名」、「事業内容や取扱商品に関する詳細」を忘れずに記載しましょう。

法人口座開設に必要な書類

ジャパンネット銀行で法人口座を開設する際には、「法人企業」と「個人事業主」で提出書類が異なります。まず、法人企業として口座を開設するためには、「所定の口座開設申込書」、「取引担当者の本人確認資料」、「企業の業務内容資料」の3点が必要です。書類を郵送後に、7~10日間かけて口座開設の審査を行い、キャッシュカードとトークンが送られます。

次に、個人事業主の方は、スマートフォンから法人口座を開設できます。流れとしては、申込みフォームを入力し、本人確認資料をアップロードするだけです。法人企業の口座開設よりも短く、5~7日ほどで審査が完了します。

関連記事
ジャパンネット銀行の法人口座開設の全手順を易しく解説します
担当者が解説!ジャパンネット銀行の法人口座開設に必要な書類・審査基準のポイント

まとめ

ジャパンネット銀行の法人口座は、24時間365日対応したネットバンキングや、スマートフォンからアプリで取引を行えるなど、使いやすさを重視する方におすすめです。また、ビジネスに便利な複数口座の開設にも対応しており、業務パフォーマンスの向上につなげられます。法人口座開設の審査は他行同様難しいですが、保有しておくことで多くのメリットを得られる銀行です。

創業手帳冊子版では、ビジネスに役立つ情報を提供しています。無料でご利用できますので、ぜひご活用してみてください。

関連記事
起業後にネット銀行で法人口座を開設するメリットとは?ネット銀行の特徴と口座開設の手順
経営者はどうやって法人口座を選んでいるのか? 405人の起業家に聞いてみた
こちらのカテゴリをご覧になっている方へおすすめしたい創業手帳冊子
会計・税務は最新号の創業手帳(冊子版・無料)も併せて読んで見て下さい。

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ