2018年の確定申告期間はいつからいつまで?提出期限・スケジュールをチェック

創業手帳

2018年(平成30年)の確定申告期間と提出方法をまとめました!

tax-return

(2018/1/22更新)

平成29年分の確定申告提出期間は、2018年2月16日(金)から3月15日(木)までです(個人事業主の所得税および復興特別所得税の場合)。

はじめて確定申告をする個人事業主やフリーランスの方は、早めの準備を心がけ、必ず期間内に提出しましょう。今回は、2018年(平成30年)最新版の確定申告スケジュール、提出方法、間に合わなかった時の対処方法などをまとめました。

本文を読む

2018年(平成30年)、確定申告の期間はいつからいつまで?締め切りは?

2018年(平成30年)、確定申告の期間を、個人と法人に分けて説明していきます。個人か法人か、法人の場合は消費税課税事業者かどうか、といったことがポイントとなってきます。
申請期限は遅らせることができないため、早めに取り掛かり、余裕を持った準備をしましょう。

個人事業主(フリーランス)の確定申告期間/提出期限

まず、個人事業主やフリーランスの場合の、確定申告期間・提出期限を見ていきます。まず理解していただきたいのが、確定申告をする税金の種類です。

  • 所得税 / 復興特別所得税
  • 消費税 / 地方消費税

上記が確定申告する税金です。税金によって確定申告書の提出期限が変わってくるので注意が必要です。

所得税 / 復興特別所得税

所得税と復興特別所得税は、法人個人ともに確定申告期間が同じです。

  • 課税対象期間:1月1日から12月31日の1年間
  • 確定申告期間:基本的には毎年2月16日から3月15日

※2018年(平成30年)の確定申告期間も変わらず、2018年2月16日(金)〜3月15日(木)です。

補足となりますが、確定申告の期限日が土曜日の場合は翌々日に、日曜日および祝日の場合は翌日変更となるので注意が必要です。2018年は通常通りなので大丈夫です。

消費税 / 地方消費税

消費税と地方消費税は以下のスケジュールです。法人とはスケジュールが違うので勘違いしないように注意が必要です。

  • 個人事業者の課税対象期間:1月1日から12月31日の1年間
  • 個人事業者の確定申告書の提出期限:翌年の3月31日

※2018年(平成30年)の場合、3月31日が土曜日のため、提出期限は2018年4月2日(月)となります。

個人事業主の場合、年末締めで1月始めから3月末までの3ヶ月間が提出期間となります。もし確定申告が初めてということであれば、つまずくポイントもあるかと思いますので、1月中に着手し始めると余裕を持てます。

image2

法人の確定申告期間/提出期限

続いて法人です。法人の場合、納めなければならない税金は以下です。個人事業主と比べてスケジュールが違うので、勘違いしないように注意しましょう。

  • 消費税 / 地方消費税(消費税課税事業者の場合)
  • 法人税
消費税 / 地方消費税

消費税と地方消費税の確定申告スケジュールは以下です。

  • 確定申告書の課税対象期間:原則として事業年度内
  • 確定申告書の提出期限:事業年度末日の翌日から2ヶ月以内

前述の通り、法人の場合も申告期限を遅らせることはできません。また、法人ですと前年度の確定消費税額が48万円を超えている場合は「法人税の中間申告」が必要です。

法人税

法人税は法人特有の税金ですが、前述の消費税や地方消費税と同じスケジュールとなります。

  • 課税対象期間:原則として事業年度内
  • 確定申告書の提出期限:決算日後から2ヶ月以内

還付申告の提出期限

会社員などで確定申告を行う必要はないものの、一定額以上のふるさと納税を行なったり、高額な医療費を払った場合など、申告することで払いすぎた税金が戻ってくることがあります。これを「還付申告」といいます。

還付申告は、控除などの対象となった翌年1月1日より5年間は提出することが可能です。もし、2017年の医療費控除分を申告したいと思った場合、2022年の年末まで受け付けてくれます。

ただし、これは給与所得者のみ。確定申告をしている人は対象外です。

また、対象となっている場合でも、税務署からお知らせがくるわけではありません。住宅ローンや高額な医療費を支払っている方、副業をしている方などは対象になっている可能性もあるので、一度自分で確認してみることをおすすめします。

納税も忘れずに!納付期限はいつまで?

個人の確定申告の場合、所得税及び復興特別所得税の納付期限は、申告期限と同じ3月15日です。
確定申告とあわせて、納税も忘れずに行なってください。

そのほか、2018年(平成29年分)の国税の納期限は以下の通りです。

  • 消費税及び地方消費税(個人事業主):2018年4月2日(月)
  • 消費税及び地方消費税(法人):課税期間終了日の翌日から2ヶ月以内
  • 法人税:事業年度終了日の翌日から2ヶ月以内

納税が必要な場合は、必ず納付期限を守るようにしましょう。

確定申告の提出方法は3種類

確定申告は次の3つの方法で提出が可能です。

  1. 税務署の窓口で提出
  2. 税務署が開いているのは月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時となっています。確定申告の期間中は、日曜日も開庁している税務署も一部あるようです。

  3. 郵送で提出
  4. 当日消印有効。
    郵便の場合は、期限日である3月15日の消印があれば受け付けて貰えます。
    詳しくはこちら>>確定申告を郵送で行う方法。ミスしやすい「控え・封筒・宛名・消印」

  5. e-Taxで提出
  6. e-Taxは、インターネット上で確定申告ができるサービスです。24時間受付しているので、3月15日の23:59まで申告が可能です。
    詳しくはこちら>>ネットで完結!e-TAXで確定申告するための具体的手順と注意点

【確定申告のしかたについて詳しく知りたい方はこちら!】
確定申告のやり方/書き方を徹底解説します!

確定申告の提出期限を過ぎたら、どうなる?

image3

起業後間もない方であれば、慣れないことも多く、「確定申告の提出期限を過ぎてから気づいた!」なんてこともあるかと思います。そうならないのが一番ではありますが、もし提出期限を過ぎてしまったらどうなるか、確認しておきましょう。

確定申告書の提出期限を過ぎると「期限後申告」となる

2018年の確定申告提出期限は、何度も言いますが、3月15日までです。もし3月16日以降に提出するとなると、「期限後申告」という扱いになります。この「期限後申告」には罰則が用意されています。国税庁の「確定申告を忘れた時」を抜粋したのが以下です。

  • 期限内に確定申告を忘れた場合は、期限後申告として取り扱われます。
  • 期限後申告をすると、納める税金のほかに無申告加算税が課されます。
  • 無申告加算税は、納付すべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合を乗じて計算した金額となります。
  • 自主的に期限後申告をした場合には、この無申告加算税が軽減されます。

期限後申告をすると、無申告加算税が課税されますが、気づいたときに自主的に申告すれば、税金が軽減される、という内容です。気づいたらすぐに自己申告するのが良さそうです。

期限後申告が続くと青色申告が取り消される!?

青色申告をしている事業主は、控除制度なども優遇されている分、期限内の確定申告が原則となっています。

そうは言っても、「しっかり準備していても、うっかり提出を忘れていた。」「忙しくて期限内に確定申告が終わらなかった。」という方もいるかもしれません。しかし、無申告や期限後申告が2期連続となった事業者には、青色申告の取り消し処分が課される可能性が高く、こうなると、無申告加算税や延滞税どころの問題ではなくなります。

確定申告は義務だと心得て、くれぐれも期限を守るように気をつけてください。

期限後申告をしても、罰則を受けない場合がある

期限後申告であっても、一定の要件を全て満たす場合には無申告加算税は課されません。

  • 確定申告書提出期限から1ヶ月以内に自主的に申告が行われている
  • 期限後申告に係る納付すべき税額の全額を法定納期限までに納付している
  • 期限後申告書を提出した日の前日から5年間、無申告加算税又は重加算税を課されていない

※詳しくは国税庁の「確定申告を忘れた時」をご参考ください。

以上のように、期限後1ヶ月以内に自主的に気づいて申告し、然るべき処置をとっていれば、なんとか免れることができそうです。

【補足】いずれにせよ、延滞税はかかる!

1ヶ月以内に気づいて確定申告をしたとしても、延滞税はかかります。

延滞税については国税庁の「延滞税について」をご参考ください。要約すると、

  • 確定税額を法定納期限までに完納しない
  • 期限後申告書又は修正申告書を提出した場合で、納付しなければならない税額がある
  • 更正又は決定の処分を受けた場合で、納付しなければならない税額がある

以上の場合は、延滞税を支払う必要があります。

確定申告書の様式によって異なる?必要書類と持ち物まとめ
確定申告の必要書類と持ち物【A様式/B様式】それぞれ解説

(執筆:創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す