新たな弥生は「法令改正」にしっかり対応! 最新版「弥生20 シリーズ」製品発表会速報

弥生株式会社が、最新版のデスクトップアプリ「弥生20シリーズ」を11月15日に発売します。リリースに先駆けて、11月7日に新商品発表記者会見が行われました。
最新版の特徴を紹介します。

弥生株式会社の岡本浩一郎社長

「法令改正対応」と「業務効率化」を刷新・強化

今回の新シリーズが重点的に刷新・強化したのは「法令改正対応」と「業務効率化」の領域です。

法令改正

消費税法の改正(消費税10%引き上げ、軽減税率の導入)と、将来のインボイス導入に対応するため、機能を刷新しました。具体的には、

・消費税10%の自動計算
・軽減税率8%、複数税率の入力、税率別の自動計算
・各種帳票・消費税申告書への対応(やよいの青色申告 20、弥生会計 20のみ)
・区分記載請求書の作成と印刷(やよいんお見積・納品・請求書 20、弥生販売 20のみ)

といった新様式の消費税申告書作成への対応はもちろんのこと、機能面では

・入力補助ツールの項目に軽減税率に対応する取引を追加
・「かんたん取引入力」の税率変更に対応
・スキャンデータ取込で複数税率を解析

といった、軽減税率に関わる会計業務をスムーズにする細やかなブラッシュアップがなされています。

また、政府主導で推進している電子申告・電子申請領域の機能も強化。
弥生が自社開発した電子申告(e-Tax)モジュールで、個人事業主がかんたんに電子申告できる仕組みを提供します。

業務効率化

業務効率化の面では、弥生会計シリーズの自動取込・自動仕訳機能について

・金融機関との口座連携機能のAPI連携推進
・AIによる推論制度の向上

などにより、会計業務をより一層効率化します。

今回特に大きいのは、法令改正に関わる対応です。消費税法改正の施行から、将来的なインボイス制度導入、行政手続きの電子化加速など、経営にダイレクトに影響がある法令改正が続きます。

弥生の調査によると、既に軽減税率の導入によって「業務の負担や新たな問題が増えた」、もしくは、「増えることを予想している」と答える事業者の割合が急増しているようです。特に経営者は、実務面で実際に対応が求められるタイミングになってから慌てることがないように、早め早めに対応を考えたいところですね。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ 弥生会計 弥生株式会社 消費税 軽減税率 電子申告

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ