注目のスタートアップ

株式会社喋ラボ 大橋功|AIを活用してリモート会議の生産性を向上させるツールの開発が注目の企業

AIを活用してリモート会議の生産性を向上させるツールの開発で注目なのが、大橋功さんが2018年4月に創業した株式会社喋ラボです。

大切な商談や会議の場で、誰が何を話したかという記録をとるのは重要なことです。その内容をもとに計画を練ったり改善を図ったり、ベクトル変更をしたり、契約や約束の証明としたり等、今後の企業の在り方にも大きく関与してくる可能性が大きいからです。

しかし実際、こうした記録を適正かつ確実に残せているでしょうか?

議論が白熱して、つい言ったことを記録しそびれてしまったとか、記録の手が追い付かず聞き逃してしまったとか、間違った記録を残してしまったという経験を持つ方も多いのではないかと思います。

こうした間違いをなくすために録画して記録を残す場合もあると思いますが、その内容を端的にわかりやすい記録としてまとめるのに別途時間を必要としたり労力がかかったりして、辟易とするケースもあると思います。

このような問題を解消すべく、機械がその場で会議や話の内容を録画とテキストにうまくまとめてくれるコンテンツ開発を行っているある起業家に、今注目が集まっています。

株式会社喋ラボの大橋功さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

創業手帳別冊版「創業手帳 人気インタビュー」は、注目の若手起業家から著名実業家たちの「価値あるエピソード」が無料で読めます。リアルな成功体験談が今後のビジネスのヒントになるはず。ご活用ください。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

リモート会議にBotが参加してきて、会議を録画、タグ付け、テキスト化してくれます。テキスト選択とコピーアンドペーストで動画の編集ができる機能がついているので、録画された動画の中からナレッジ部分を切り出したり、ダイジェスト動画を作成するのも簡単にできます。
もちろん、会議の振り返りやコンプライアンスのためのツールとしても使えます。
また、Botに好きな名前を付けられる機能が特徴的で、面白い名前をつけると会議のアイスブレイクになりますし、ストレージや音声認識の価格が安く設定されているので、経営会議とかではない通常の会議でも気軽にご利用いただくことができます。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

リモート会議を利用する全ての社会人に使ってほしいです。
ほとんどの企業では、経営会議を除く普通の会議は議事録担当がいません。例えば、エンジニアが参加する開発会議などは、まず、議事録は取られていません。
では、どうしているかというと、各自、自分に関係する項目だけ箇条書きでメモっているのですが、複数案件を抱えていて忙しいなどの理由から納期の遠い案件は放ったらかしにしてしまい、納期が近づいてきて随分前にとった箇条書きのメモを見返すのですが、詳細が全く思い出せない、なんてことがよくあります。まずは、そういった状況を動画とテキストで解決できればと思っています。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

ずばり、日本人の生産性の向上です。
少子化で人の数が増えることは期待できない中、日本経済が成長していくためには日本人一人一人の生産性の向上が不可欠です。
ギミックではない、生産性の向上に貢献していきたいと思います。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

現時点でもシード期、漸くサービスをリリースできたかなという段階なので、創業期を乗り越えたとはいえませんか、既に何度かピボットをしています。元々音声認識エンジンのスタートアップから始めて、その音声認識エンジンを活用したアプリケーションに変更したという事なので、全く違うビジネスを始めたとかではありませんが、手応えを確かめつつ、柔軟に変更をし続けるのが大事かなと思っています。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

世の中にAIを謳うツールはたくさんありますが、本当に役に立っているものは少数派です。真に生産性を向上させようと思うと、やはりAIを活用した生産性の向上が鍵を握っているので、溜め込んでいただいた動画をAIで活用できるプラットフォームへ進化させていこうと思っています。作戦はありますが、秘密です。

・今の課題はなんですか?

資金調達、採用、AIプラットフォーム化とやりたいことは山積みですが、まずは現状のプロダクトで一定のビジネスを作ることですね。

・読者にメッセージをお願いします。

社会の活力は、ソーシャルモビリティというか、頑張った人が成功したり、その後失敗して転落したり、でもまだ敗者復活のチャンスがある、みたいなことがキーになっていると思っています。20年前に比べると日本は劇的に創業しやすい国になっていますし、どんどん創業して、できればスモールビジネスでなく、テクノロジーを梃子に大企業を作ることを目的として創業して、この国を盛り上げていきましょう。

会社名 株式会社喋ラボ
代表者名 大橋功
創業年 2018年4月
従業員数 1名
事業内容 AIを活用してリモート会議の生産性を向上させるツールの開発
サービス名 喋ラボEditor
所在地 141-0033 東京都品川区西品川
代表者プロフィール 東京大学をドロップアウトした後、受託とアドテクのベンチャーを創業。
その後シリコンバレーに移住して主にテック系のCo founderとしてスタートアップ企業に参画してきました。アメリカには8年間住んでいました。
今は日本に戻り、現在のスタートアップに注力する側、コンピュータサイエンスのバックグラウンドを持たない方向けにディープラーニングを教えたりもしています。
関連記事
起業後初めての製品作り 企画から在庫管理までの流れを解説
レンタルオフィスでも起業できる?!登記・電話対応・受付・郵便物の受け取りは?レンタルオフィスの選び方とは
起業家の想いが伝わる「土の香り」のする言葉が人の心を動かす。 ロフトワーク創業者・林千晶インタビュー
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI コンプライアンス ディープラーニング 動画 喋ラボ 大橋功 音声認識
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AI刃具自動検査装置など製造業向けAIプロダクトを展開する「RUTILEA」が資金調達
2022年8月31日、株式会社RUTILEAは、リード投資家Abies Venturesとサウジアラビア王国の政府投資ファンドRiyadh Valley Company(サウジアラビア王国リヤド)から…
AIとFintechの「MILIZE」が無料の金融商品見直しWebサービス「YOSHINANI(見直し)」β版をリリース
2022年10月12日、株式会社MILIZEは、「YOSHINANI(見直し)」のβ版をリリースしたことを発表しました。 「YOSHINANI(見直し)」は、無料の金融商品見直しWebサービスです。 …
米国スタートアップ資金調達底堅く、有力企業に集中する傾向
新型コロナウイルス禍による景気悪化の中、金融緩和に伴う金余りを背景に、有力企業に投資マネーが集中する構図が一段と強まっています。4~6月に米国で1億ドル以上を調達した「メガラウンド」は69件と四半期ベ…
AIプラットフォーム運営の「ABEJA」が42.5億円調達!
平成30年6月29日、株式会社ABEJAは、総額約42億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 既存株主であるPNB-INSPiRE Ethical Fund 1 投資事業有限責任組合…
化学のものづくりDXに特化したデータ解析・機械学習クラウドサービス「Datachemical LAB」がリリース
2022年4月21日、データケミカル株式会社は、「Datachemical LAB(データケミカルラボ)」の提供を開始したことを発表しました。 「Datachemical LAB」は、無機・有機・高分…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ