クラウドロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」開発の「ラピュタロボティクス」が「三菱倉庫」と資本業務提携

tips

2022年5月17日、ラピュタロボティクス株式会社は、三菱倉庫株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

ラピュタロボティクスは、次世代クラウドロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」の開発と、「rapyuta.io」を活用したロボットソリューション開発・導入・運用支援を行っています。

「rapyuta.io」は、世界最先端の制御技術とAIを活用した次世代クラウドロボティクスです。

群制御AIを活用し、複数種のロボットソリューションの開発・導入・運用を一括で可能にするプラットフォームです。

たとえば複数台の異種ロボットがお互いの位置・情報をリアルタイムに認識し、自らが最適なルート・速度を選んで動くといったことが可能になります。

三菱倉庫とは、多様なロボティクスソリューションの実証実験に向けて協業していきます。

人手不足にある製造業や物流倉庫では生産性の向上や省人化のため、テクノロジーの活用が進んでいます。特に自律ロボットは大きな効率化につながるため、様々な現場で導入に向けた取り組みが進んでいます。

自律ロボットとはAIによって状況を判断し最適な行動を選ぶロボットです。

通路などに物が置かれるような場所でロボットを稼働させるためには、自律ロボットのように自分で判断できる能力が必要となります。

一方で、AI技術はまだ発展途上であるため、現場における柔軟な判断に限界があることが課題となっています。

また複数ロボットが同時に稼働する場合、それらロボットがどこにいて、どのような動きをするかも加味して判断しなくてはなりません。非常に複雑な判断となるため、高精度のシステムを構築するのは技術的に難度が高いものとなっています。

そのため現状では自律ロボットを導入するためには、工場・現場の環境をロボットが動きやすいように整える必要があります。それがロボット導入を阻む要因となっているのです。

「rapyuta.io」は、こういった自律ロボットを制御し、別のメーカーのロボットであっても同時に稼働させられるようにするロボティクスプラットフォームです。ロボット導入の際の幅広い課題を解決することができるプラットフォームであるため、今後も多くの工場・現場に導入されていくことでしょう。

ラピュタロボティクス株式会社のコメント

このニュースを受けまして、ラピュタロボティクス株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資本業務提携の目的は何ですか?

当社は三菱倉庫と、物流現場向けの多様な自動化ソリューションの普及を推進するべく、実証実験に向け、協業してまいります。

・今後の展望を教えてください。

まずは、ラピュタPA-AMRについて圧倒的な国内シェアの獲得を目指しています。ラピュタPA-AMRは、2019年の商用化以降、累計販売台数が200台を超え、2022年度は1,000台の販売を目標としています。

今後も「ロボットを便利で身近に」をモットーに、自動化を必要とする全ての事業者様に、短期間でリーズナブルに多様なロボットソリューションを導入していきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

当社は、人間とロボットが協働することで、人間がより楽に仕事を遂行できたり、知的でクリエイティブな仕事に注力できる環境が創出されると考えます。そして、多くの新しいイノベーションが誕生すると強く信じています。

当社は今後も、急成長を続けるロボティクス産業のリーディングカンパニーとして、働き手不足や生産性の課題で悩む物流事業者様に寄り添い、最適なソリューションをご提案してまいります。

ロボットなどの研究開発には潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI rapyuta.io クラウド ソリューション プラットフォーム ラピュタロボティクス ロボット ロボティクス 効率化 導入 株式会社 資金調達 運用 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ベンチャー企業向けコーポレート領域支援の「WARC」が3億円調達 マネーフォワードと資本業務提携
2020年11月17日、株式会社WARCは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下の事業を展開しています。 ・ベンチャー企業を中心とした成長企業に対し、経営課題の解決・経営管理体制…
AIソリューション開発の「ハカルス」がデータ・サイエンティスト育成の「データミックス」と提携
2019年1月21日、株式会社ハカルスは、株式会社データミックスと提携し、共同開発を開始したことを発表しました。 ハカルスは、ディープラーニングと大量の学習データの収集が困難な様々なユースケースに適用…
12歳以下の子ども向けSNSを開発する「4kiz」が資金調達
2022年4月22日、株式会社4kizは、資金調達を実施したことを発表しました。 4kizは、子どもの創造性を育む新しいSNSアプリ「4kiz(フォーキッズ)」を開発しています。 多くのSNSは利用規…
住宅ローン・マッチング・サービス「モゲチェック」運営の「MFS」が6.3億円調達
2021年2月15日、株式会社MFSは、総額6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 住宅ローン・マッチング・サービス「モゲチェック」を運営しています。 過去4,000件以上の審査結…
「Shopify Plus」を中心としたOMOの立ち上げを実現するパッケージサービス「Next Plus」が提供開始
2022年6月22日、株式会社フラクタは、国内環境に適合したShopifyアプリを提供する企業アライアンス「App Unity」(株式会社フィードフォース)と共に、パッケージサービス「Next Plu…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ