「CIC東京」開業 国内最大級の起業家向けオフィス

tips

米国のスタートアップ支援企業ケンブリッジ・イノベーション・センター(CIC)は2020年10月1日、東京・虎ノ門に国内最大級の起業家向けオフィス「CIC東京」を開業しました。投資家や事業連携を狙う大企業、弁護士などの入居も促し、起業家の成長を全方位で支援し、まずは200社の集積を目指すとしています。

オフィス「CIC東京」は虎ノ門ヒルズビジネスタワーの15~16階(計約6千平方メートル)に開設されました。創業間もないスタートアップ企業などが入居する1~50人規模の区画のほか、起業家同士が交流しやすいイベントスペース、ホールなどを備えます。

CICは1999年に米国マサチューセッツ州ケンブリッジ市に創立されました。創立以来20年以上に渡り、イノベーションを起こすイノベーターをサポートしてきました。CIC東京はアジア初の拠点となります。

CICが提供する機能は主に3点です。

1. 快適、エキサイティングでフレキシブルなオフィスソリューション

2. 新進気鋭のイノベーターとスタートアップのサポーターが集うオープン・インクルーシブ・アットホームなコミュニティー

3. 産官学の垣根、縦社会の壁、インダストリーやジェネレーションやジェンダーのギャップを越えてさまざまな人たちが繋がり、さまざまなアイディアがぶつかり合い、そこから新たなイノベーションが起こる、イノベーションハブプラットフォーム

特に力を入れるのが、起業家同士や他の企業、支援団体などと連携できるコミュニティーづくりです。ベンチャーキャピタルや大企業、国・自治体、研究機関のほか、会社運営の手続き面を支える弁護士、会計士などとの連携を促す方針で、各者の入居や起業家との実証実験などを進めるとしています。

編集部のコメント

編集者
多様な人材とのコミュニティーづくりはスタートアップ企業の成長に欠かせない機能・プラットフォームです。事業アイデアが生まれる機会となり、連携によりスピード感のある事業展開が可能となります。投資家を始めとするサポーター・ステークホルダーとのコネクション形成を促す効果も期待されます。
世界有数のスタートアップ都市を目指す東京都もCIC東京に期待を寄せています。10月1日の開業イベントに登壇した小池百合子知事は「起業家が育つことは東京の活力になる。虎ノ門発の企業がユニコーンにまで育つことを期待している」と述べています。
コロナ禍はITインフラの効果的な利用によって、物理的な場所に囚われずに事業推進が可能であることをわたしたちに気づかせてくれました。それでも、創業間もないベンチャー企業にとって、大手企業の本社が集中する都心に物理的にオフィスを構えることは大きなメリットになり得ます。また米国資本のCICが有するプラットフォームを利用すれば、海外マーケットへのアクセスが容易になる効果もあるでしょう。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ オフィス スタートアップ支援 起業家

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ