【2/5開催】「第3回 東京シニアビジネスグランプリ・ファイナル」

event

東京都中小企業振興公社が主催する「第3回 東京シニアビジネスグランプリ・ファイナル」が2023年2月5日に開催されます。

「東京シニアビジネスグランプリ」は、シニア世代の起業機運を高めるために2019年度から始まったビジネスプランコンテストです。

総勢68名のエントリーのなかから選ばれた10名のファイナリストによる決勝大会を開催します。

プログラム

・ファイナリスト10名によるプレゼンテーション

・基調講演 小説家 真山 仁氏
「攻めのシニア起業術」
~”正しい”を疑え! 混沌とした時代を戦略的に生きる方法~

概要

日時:2023年2月5日(日) 13:30〜17:30
参加方法:会場参加(50名先着順)またはYouTubeライブによるオンライン配信
参加費:無料
会場:神田明神ホール(千代田区外神田2丁目16−2神田明神文化交流館2F)


高齢化の進展に伴い、国内の社会・企業の人員構成は変化しています。

以前の人事が構造的な限界を迎えつつある中、働き方の多様化や、副業・兼業の解禁といった制度の変化もあり、新たな人事の形が構築されようとしています。

新たな人材活用では、大きな層となるシニア層の活用も考えられています。

2012年の高年齢者雇用安定法の改正により、企業では60歳以降の人材の雇用について具体的な取り組みが求められるようになっています。

こうした中、早期退職優遇制度の導入などにより、40・50代といったミドル層のセカンドキャリアを促している企業もあります。

40・50代やシニアの新たなキャリアとして起業という道が注目されています。

シニア起業には、今まで働いて得てきた知識・経験・人脈を活かせるということ、シニア目線で人口の多いシニア向けのアイデアを創出できること、国・自治体の補助金・助成金が整備されていること、退職後の時間を自由に使うことができることなどのメリットがあります。

起業においては各種手続きが必要となるほか、創業融資などによる資金調達も重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、起業時における手続きの注意点や、起業時の基本的な資金調達先である日本政策金融公庫とその融資制度など、創業に必要となるノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ シニア ビジネスプランコンテスト 東京シニアビジネスグランプリ 東京都中小企業振興公社 第3回 東京シニアビジネスグランプリ・ファイナル 起業 起業家
詳細はこちら

第3回 東京シニアビジネスグランプリ・ファイナル開催!

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【8月1日】起業家むけ「気になるニュース」まとめ
8月1日のニュースの中から、起業家がチェックしておきたいニュースをまとめました。 消費増税対応 企業の49%が「対応していない」 軽減税率導入を前に、飲食店などで複数税率用のレジを設置するなど、対応が…
シニア向けプリペイドカードサービス提供の「KAERU」が1.4億円調達
2022年3月24日、KAERU株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 KAERUは、シニア向けプリペイドカードサービス「KAERU」を提供しています。 事前チャー…
「みらい創造機構」が大企業人材向け起業準備プログラムLEAPの提供を開始
株式会社みらい創造機構は、大企業人材向け起業準備プログラムLEAPの提供を開始することを発表しました。 「LEAP」プログラムは、大企業に集中している人材向けに、新規事業開発の環境を提供するものです。…
シニア人材を中心としたキャリア支援事業を展開する「エイジレス」が1.1億円調達
2022年5月18日、株式会社エイジレスは、総額約1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エイジレスは、シニア人材を中心としたキャリア支援事業を展開しています。 具体的には、ミドル…
コロナ特需はDXだけじゃない、家電製品や家具/建売住宅まで
コロナ騒動が日本に波及して早半年。新型コロナウイルスの流行により、観光や外食など、多くの産業が打撃を受けています。その一方、外出自粛・在宅勤務に伴う特需に湧く産業もあります。今日は、コロナ禍を追い風に…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ