2020年最大の米IPO スノーフレイク、時価総額7兆円

米国ベンチャー企業のスノーフレイクが2020年9月16日、ニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)を果たしました。同社は、ビッグデータの保管・分析を手掛ける企業です。

初値は245ドルとなり、公開価格(120ドル)の2倍超となりました。IPO時の時価総額としては米国で今年最大の約7兆円となりました。

スノーフレイクは米オラクルの出身者が中心となって2012年に設立、クラウドを活用した「データウエアハウス(データの倉庫)」を提供する会社です。クラウドプロバイダと企業のプログラムやアプリの中間レイヤにおける、仮想データレイク(Data Lake)の役割を果たすサービスです。欧米の主要国に拠点を構え、顧客数は3,000を超え、日本にも2019年12月に本格進出しています。

2020年5~7月期の売上高は1億3,314万ドルと前年同期比2.2倍に増えました。ただし開示のある2018年8~10月期以降で、黒字を一度も達成していません

同日、米連邦準備理事会(FRB)はゼロ金利政策を続ける方針をアナウンスしており、投資家がリスクを取りやすくなっています。グロース企業への投資家のマネー集中の構図が改めて浮き彫りになりました。

編集部のコメント

編集者
同社は上場前の調達ラウンドで、セールスフォースからの資金調達に成功しています。今後セールスフォースのサービスとの連携・シナジーがどのような形でユーザーメリットをもたらすのか、注目が集まっています。
データ管理分野は、米国時価総額トップ争いをする巨人Amazonを始めとして、Dropbox、Boxなど、名立たるユニコーン企業が凌ぎを削るレッドオーシャン市場です。ただ、新規参入・競争激化のペースよりも、将来期待値を含めた市場成長が大きく、またDX銘柄への資本集中のトレンドもあり、各社の株価は総じて堅調です。
投資家の立場からすると、FRBの金融緩和政策長期化のアナウンスメント効果もあり、今後も金融マーケットは堅調な足取りを続ける公算が高そうです。ただ、コロナ禍の実体経済への影響は未知数の側面もありますので、注意が必要です。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Amazon DX FRB IPO オラクル クラウド スノーフレイク データ ビッグデータ ベンチャー 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ