注目のスタートアップ

ごみ拾いSNSを運営する「ピリカ」が2.8億円調達

company

2023年5月30日、株式会社ピリカは、総額2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ピリカは、ごみ拾いSNS「ピリカ」や、ごみ分布調査サービス「タカノメ」、マイクロプラスチック調査サービス「アルバトロス」、コンサルティング事業を手がけています。

「ピリカ」は、拾ったごみの量・場所を簡単に記録・集計・発信でき、ユーザー同士でコメントや「ありがとう」を送り合うことができるごみ拾いSNSです。

また、アプリ内ではごみ拾いイベントが開催されており、これに参加することもできます。

自治体向けのサービスでは、地域ごとのごみ拾い活動を定量的に把握できるほか、それらの様子・成果をひとつのWebページに集約し発信することができます。

企業・団体向けのサービスでは、グループごとのごみ拾い活動の様子・成果をひとつのWebページに集約し発信することができます。また、SNSのように「ありがとう」やコメントを送り合い、グループのメンバー同士で交流することができます。

「ピリカ」は、世界118の国と地域で展開し、累計3億個のごみ拾いに貢献しています(2023年5月30日現在)。


我々が暮らしている「まち」では、日々廃棄物、いわゆるごみが発生しています。

大部分のごみはごみ箱に捨てられ、家庭や事業者でまとめて捨てられ、収集され処理施設へと運ばれていきます。

一方、風で飛ばされたり、車両から落下したり、誰かが意図的に捨てたりといった理由で、道路や植え込みなどにごみが落ちていることもあります。

こうしたごみは自治体の職員やボランティアの方々が清掃活動として清掃しているお陰でごみとして適切に処理されます。もしこれらのごみを拾う人がいなければ、プラスチックなどの非生分解性のごみはほぼ永遠にそこにあることになります。

また、プラスチックごみは海洋環境に深刻な影響を与えていることでも知られています。

いわゆるレジ袋などを餌だと勘違いして飲み込み死亡してしまう生物などは大きく報道され知っている人も多いでしょう。

しかしさらに問題であると言われているのが、5mmよりも小さくて目立たないプラスチックであるマイクロプラスチックです。

このマイクロプラスチックは、大きなプラスチックが環境によって小さくなったり、化粧品や歯磨き粉などに含まれている研磨剤、合成繊維でつくられた衣類を洗濯した際に発生するくずなどによって発生します。

マイクロプラスチックは小さいため、多くの生物が体内に取り込んでしまうことになります。このマイクロプラスチックは海洋生態系への影響が懸念されており、近年対策が推進されています。

ピリカは、こうしたごみの問題やマイクロプラスチックの問題を解決するため、ごみ拾いSNS「ピリカ」や、マイクロプラスチック調査サービス「アルバトロス」などを展開しています。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達や、シナジーのある企業などとの提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SNS ゴミ コミュニティ ごみ拾い ピリカ プラスチック マイクロプラスチック 株式会社 清掃 清掃活動 環境 自治体 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「SBINFT」がコンテンツ事業者向けにNFTマーケットプレイス機能をWeb APIで提供する「TOKEN CONNECT」を発表
2022年10月27日、SBINFT株式会社は、新サービス「TOKEN CONNECT」を発表しました。 「TOKEN CONNECT」は、コンテンツ事業者向けにNFTマーケットプレイス機能をWeb …
循環に欠かせない回収・選別・再流通の仕組みの構築・データ化・トレーサビリティをワンストップで提供する「ECOMMIT」が「日本郵政キャピタル」から資金調達
2023年4月17日、株式会社ECOMMITは、資金調達を実施したことを発表しました。 ECOMMITは、循環型社会の実現に必要となる回収・選別・再流通の仕組みの構築・データ化・トレーサビリティをワン…
足型計測アプリ「asitom」展開の「gifted」が靴・ファッションの通販サイト運営の「ロコンド」と資本業務提携
2022年9月1日、株式会社giftedは、株式会社ロコンドと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 giftedは、足型計測アプリ「asitom(アシトム)」を開発・運営しています。 スマ…
「INDIGITAL」がインドIT人材を派遣・出向するスキーム構築を支援するサービスを4月からスタート
2022年3月14日、株式会社INDIGITALは、インドIT人材を派遣・出向するスキーム構築を支援するサービス「インド人材派遣・出向支援サービス」を2022年4月から提供開始することを発表しました。…
環境負荷の低い農業の普及に取り組む「坂ノ途中」が「KOBASHI HOLDINGS」と資本業務提携
2023年4月14日、株式会社坂ノ途中は、KOBASHI HOLDINGS株式会社と、資本業務提携したことを発表しました。 坂ノ途中は、主に新規就農者と提携し、化学合成農薬や化学肥料不使用で栽培された…

大久保の視点

【速報】スタートアップワールドカップTOKYO REGIONAL 2023優勝は医療系のアイリス沖山翔さん!
2023年9月8日 (金)にグランドハイアット東京で、スタートアップワールドカップTOKYO REGIONAL 2023が開催された。 優勝者はアイリスの沖…
(2023/9/8)
明治大学でビジコン開催!優勝は明治大学文学部1年の大神千朋さん・多様性支援のDelquiデルクイ
2023年3月15日(水)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第1回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われた。 明治大学の各学部…
(2023/3/15)
「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集