注目のスタートアップ

フリーランス株式会社 穂刈正樹|受託開発、フリーランスコミュニティの運営事業が注目の企業

受託開発・フリーランスコミュニティの運営事業の展開で注目なのが、穂刈正樹さんが2020年に創業したフリーランス株式会社です。

現在、個人事業主・自営業で収入を得ている人の数は急増しています。
2020年5月内角官房日本経済再生総合事務局の発表(2020年)によれば全国に約462万人いるそうです。
副業や兼業、隙間ワーカーを含めるとその数はもっと増大し、1000万人を優に超える人数になるともいわれています。

リモートワークやオンラインビジネスが一般化しつつあることで、今後この人口はさらに膨れ、経済に与えるインパクトも大きくなることが予測されています。

個々人がより自由に自身の能力を発揮できるチャンスが広がっている反面、フリーで働く人たちの仕事の受注や収入が不安定という悩みや、取引先とのトラブルの発生率も5割を超える高さで推移しています。
仕事を依頼する側も、これらの人口が増えるほど、委託先の選定に頭を悩ませることが多くなるでしょう。

これらお互いの課題を解消していくには、フリーで働く人たちの能力や特長と、依頼側事業者が求めている人材が、適正に釣り合うことが肝要です。
この命題に挑む起業家の取り組みに、今注目が集まっています。

フリーランス株式会社の受託開発・フリーランスコミュニティの運営事業の特徴は、フリーランス同士のつながり(コミュニティ)の中で互いのスキルや実績を共有し、委託案件があった際には最もふさわしい人材をコミュニティが選出するという点です。
これにより、委託事業者は選定の手間なく適正人材を確保ができ、フリー人材側は能力発揮が存分に可能な取引先と繋がり続けることが可能となります。

フリーランス株式会社の穂刈正樹さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

日本最大級の実名フリーランスコミュニティ「FreelanceNow」を運営しており、その強みを活かした受託開発を行っています。
制作会社とも、クラウドソーシングとも違う、新たなフリーランス活用サービスです。
登録されているジャンルは、2割エンジニア・2割デザイナー・2割コンサルタント、1割ライター・1割マーケター・1割ディレクター・1割特質系となっています。

弊社では、企業様の求めている人材や、案件内容を事前にヒアリングさせていただき、その案件に該当する1~10名のフリーランスの実績(ポートフォリオ)と簡単なプロフィールなどを共有します。あとは、(希望であれば)面談をするだけという状態まで準備いたします。

さらに、企業様がフリーランスの活用時に懸念点としてよくあがる「納品物の責任」についてですが、契約は弊社との契約になるため、納品物の責任も弊社の責任になります。フリーランスが飛んでしまう不安や入院して制作が止まってしまうなどの心配点はございません。

ここが弊社の大きな強みになります。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

フリーランスに仕事を依頼したいけれど、外注になれていない企業様や、どんなフリーランスを選定したら良いか分からない企業様を中心にご利用いただきたく思います。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

フリーランスはここ数年増えているものの、まだまだ法人は気軽にフリーランスと契約がしにくいということが社会課題としてあります。
理由としては、実績だけをみても判断しづらいことや、フリーランスをどこで探したら良いのかわからない、応募はたくさんきたが、どの人に依頼をしたら良いか分からない、そもそも全員と面談はできないなど、あげればキリがありません。

良い人材を適宜、適所に採用して事業スピードを加速させたい企業様と、優秀な能力を持ちながら能力発揮の機会を逃しているフリーランスの方々を適正につなぎ合わせ、各社・各人の発展や成長を促し、それがひいては日本全体の新しい働き方促進や経済成長に繋がると考えております。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

営業をしっかりと経験したメンバーがいなかったので、案件を取るのがとても大変でした。
人にお会いしたり、営業が得意な人をSNSやビジネスマッチングツールで探し、営業のアドバイスをいただいたりして、なんとか案件の獲得をすることができました。
営業のアドバイスをしてくださった方は10名以上おり、今改めて感謝を伝えたいです。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

フリーランスが営業をしなくても、案件に集中できる社会づくりやその支援をしていきたいです。
知名度をあげて、フリーランスの活用といえば「フリーランス株式会社」と言われるような社会を5〜10年かけてつくっていきたいです。
また、社名であるフリーランス株式会社というのは、フリーランスの象徴になりたいという思いも込められており、今後もフリーランスの象徴になるような会社を目指していきます。

・今の課題はなんですか?

まだまだフリーランスという働き方に馴染みのない人が多いので、フリーランスとして働きやすく、結果として生きやすい仕組みづくりができればと思っております。

・読者にメッセージをお願いします。

フリーランスの活用にお困りの際はぜひご相談ください。
また、一緒に働きたいという方もお気軽にご連絡ください。

会社名 フリーランス株式会社
代表者名 穂刈正樹
創業年 2020年
資本金 30万円
事業内容 受託開発、フリーランスコミュニティの運営
サービス名 月額制受託開発「ネコのて」
所在地 神奈川県愛甲郡愛川町三増751-5
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FreelanceNow フリーランス 働き方 穂刈正樹 起業
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

12/7(土)・12/13(金)・12/20(金)の3日間「起業 STEP UPフェスタ 2019」を大阪産業創造館にて開催!
尼崎信用金庫と大阪産業創造館が主催する「起業 STEP UPフェスタ 2019」が、12月7日(土)・12月13日(金)・12月20日(金)の3日間、大阪産業創造館にて開催します。 事業を大きく成長さ…
「青山芸術」が案件・作業ごとに建築家がタッグを組める設計事務所向けプラットフォーム「architag」をリリース
2021年11月26日、株式会社青山芸術は、「architag(アーキタッグ)」を提供開始したことを発表しました。 「architag」は、案件・作業ごとに建築家がタッグを組むことで設計事務所の新しい…
卓球プロ・チーム「琉球アスティーダ」が「MTG Ventures」などから資金調達
琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、MTG Venturesや、テック起業、エンジェル投資家などです。 琉球アスティーダスポーツクラブは、卓球プ…
フリーランス不動産エージェントファーム「TERASS Agent」など提供の「TERASS」が2.2億円調達
2021年3月9日、株式会社TERASSは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フリーランス不動産エージェントファーム「TERASS Agent(テラスエージェント)」と、…
「フロンティアパートナーズ」が新しいフリーランス向け「案件紹介サービス」をリリース
2020年1月27日、株式会社フロンティアパートナーズは、「案件紹介サービス」をリリースしたことを発表しました。 病気やケガ、育児や介護の時にも収入を確保できる、フリーランス向けのサービスです。 利用…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ