注目のスタートアップ

株式会社BigSmall 中内奈々|ビジネスアポイントメントのプラットフォーム運営事業が注目の企業


ビジネスアポイント獲得のためのプラットフォーム事業で注目されているのが、中内奈々さんが2021年5月に創業した株式会社BigSmallです。

営業活動を行う上で、ほとんどの企業がぶつかる課題の一つに、「ビジネスアポイントメントの獲得」があるのではないでしょうか。
自社の取り組みやプロダクトについて提案したい企業を的確に探し出し、適正な相手と商談テーブルに着けるかどうかが、歩留まり率を高めるためには大事です。
また、1回だけの商談で全てが決まればいいですが、たいていの場合、複数回の商談を繰り返すことで、相手のニーズを拾ったり自社の特長を理解してもらったりというすり合わせを行い、最終的に合意に至れば契約完了というケースが多いかと思います。
ここまで手間をかけても、残念ながら最終的な合意に至らず、徒労に終わってしまうという場合も中にはあるでしょう。

起業をし、一日も早く事業を軌道に乗せ、スケールしていく段階においては、商談テーブルに着けるスピードと質の両立が肝要です。
その部分をサポートしてくれるプラットフォーム事業に、今、注目が集まっています。

株式会社BigSmallの中内奈々さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

BizApo(ビズアポ)は「いつでもキーパーソンに会える環境」をご提供する、ビジネスアポイントの革新的プラットフォームです。

特徴1、【瞬時にキーパーソンにリーチする、アクセシビリティ】
第一の特徴は「アポ取得の効率の良さ」です。
これまでアポイントを取得するには、①アポを取りたい企業に連絡→②先方が審査→③先方から返信→④アポの日程、場所、面談方法を調整→⑤アポ成立という手順を踏む必要があり大変な労力を要しました。
しかしBizApoでは、①’「アポ公開機能」で公開されている面談方法・場所をご確認の上、候補日からアポ希望日を選択→②’先方が審査→③’アポ成立 と、これまでのプロセスより2段階短くなっているため、格段に早くアポ取得が可能です。
さらに高度な検索機能の実装により、キーパーソンを的確に抽出し、アクセスすることを可能にしました。
以上のように、企業や人材の選定~アポイント取得までのプロセスを最適化することで、キーパーソンにいち早く辿り着くことが可能です。

特徴2、【アポ成約率の向上】
第二に「アポの成約率が高い」ことです。
「アポ公開機能」では、アポの相手の業務内容、業種/職種などの条件を指定でき、要望が合致した企業にアポイントの申請をするため、双方のニーズを満たすことができ、必然的に成約しやすくなります。
また認知度の低いスタートアップや中小企業でも、アポ取得を容易にするために、信頼度指標として「面談後評価(面談相手からの口コミと5段階評価)」を導入しており、評価の高い企業は成約率が大きく向上する仕組みとなっています。
これにより認知度が低い企業であっても、アポ取得数が増加し、新規契約の獲得、アライアンス構築、イノベーション創出などの成長機会を掴めます。

特徴3、【高い費用対効果】
第三に「圧倒的な費用対効果」です。
企業の存続にとって、成長の柱である営業・販路拡大は急務です。
既存のマッチングサービスは、一つのアポイント取得に平均5万円程度かかるため、企業の業績を圧迫してしまいます。
BizApoは、「アポ取得費用を従来平均の1/10以下に圧縮」することが可能で、営業コストを削減し、利益率が向上します。

以上の3つの特徴により、従来のアポイントの仕組みを大幅に効率化し、企業規模や業種/職種の垣根を越えた人的交流を活性化することで、参加ユーザー同士のシナジーを最大限に高めることが可能となります。


・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

このサービスは、業種や職種の垣根を越え、あらゆるビジネスパーソンがアポイントを通じてカジュアルに交流・情報交換することで、ビジネス上の様々なシナジーを起こすことを目標としています。

いわば、アポイント特化型のSNSのようなイメージでお気軽にご利用頂くことが理想です。

そうした交流を通じ、
1. 新規取引先や営業のリードの獲得
2. 業務提携やアライアンス構築
3. 新ビジネスの創出やオープンイノベーション
を期待される、全ビジネスパーソンにご活用頂ければ幸いです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

現在、5Gの普及など通信環境の大幅な向上により、世界中の膨大なデータや既存の技術情報が瞬時に共有されるようになり、指数関数的に新たな技術革新が生まれる環境が整いつつあります。
そして2030年までに、量子コンピュータ、AI、XR(メタバース)、ブロックチェーン、ドローン等の先端技術が相互に技術融合を起こし、破壊的イノベーションが爆発的に生まれることが確実視されています。
この巨大な潮流の中で、多くの日本企業が淘汰されると予想されています。

高齢化と人口減少が常態化した日本企業の盛衰は、グローバル市場にどう食い込めるかにかかっていますが、グローバル競争で生き抜くには、先人が残した世界有数の知財の蓄積と先端技術の融合を加速することが急務となります。
それには「知名度や販路は不足がちだが、独自の技術やノウハウをもっている中小企業」と、「販路・資金はあるが、イノベーションが必要な大手企業」が手を組む必要があり、その実現には、有望企業に瞬時にリーチできる環境の構築が重要となります。

そこで当社は、「技術融合を加速し、破壊的イノベーションが次々と生まれる環境を整える」ことを使命に、創業間もない企業でも容易にご活用頂けるビジネスマッチング、BizApo(ビズアポ)をローンチ致しました。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

革新的機能をもつプラットフォームを構築するためには、先進的なシステムが必要で、世界的なプログラマーの協力が不可欠でした。当初はなかなか協力してくれるプログラマーが見つかりませんでしたが、創業への熱い思いを粘り強く語り、電子機器製造受託の世界的企業の上級SEを創業メンバー兼CTOとして迎えることに成功しました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

BizApoは、現在は日本企業を対象にサービスを提供しておりますが、将来的には世界中の企業と企業、人と人が繋がる、グローバルなBtoBアポイントのプラットフォームを目指しており、日本にいながら世界中の企業と商談が出来るようにしたいと考えております。
その結果、日本企業が世界市場に展開するための基盤となるサービスをご提供できれば望外の喜びです。

・今の課題はなんですか?

最大の課題は、一定数のユーザーが集まるまで、ネットワーク効果があまり出ないことです。
そのため先行者利益として、2022年9月末までにお申し込み頂いた方は、全サービスを制限なしで無料提供させて頂いております。

・読者にメッセージをお願いします。

現在、世界中で破壊的イノベーションが次々と生まれ、既存企業が淘汰される流れが加速しており、日本企業が単独で生き残れる時代は終焉を迎えつつあります。
このような激動の時代を生き抜くには、企業同士が協業し不足するリソースを互いに補い合うことで、イノベーション創出や事業展開のスピードを上げていく必要があります。
BizApoは、「あらゆる企業と瞬時に繋がり、 成長機会をモノにする。」環境をご提供し、貴社ビジネスの発展の一助となれるよう尽力して参ります。

会社名 株式会社BigSmall
代表者名 中内奈々
創業年 2021年5月1日
社員数 4名
所在地 107-0052 東京都港区赤坂2-17-1
サービス名 BizApo(ビズアポ)
事業内容 ビジネスアポイントのプラットフォームを運営
代表者プロフィール アメリカの大学卒後、パナソニックの経営企画室にて、海外戦略の企画立案を担う。
独立後、中堅~大手企業のクロスボーダー経営支援事業を開始。
近年は、(株)G-Next、(株)アーリーワークスをはじめ、複数のスタートアップ支援に携わる。
2021年、これら企業の共通課題である成熟企業とスタートアップの間のリソースのミスマッチを解決するためBizApo(ビズアポ)を創業。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BigSmall アポイント取得 オープンイノベーション セールス方法 ビジネスマッチング 中内奈々 営業支援
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「kintone」を活用したシステム開発などを展開する「ジョイゾー」が「八芳園」と業務提携 伴走型DX支援を推進
2022年6月22日、株式会社ジョイゾーは、株式会社八芳園と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 ジョイゾーは、サイボウズが提供する「kintone」のアプリ開発支援などにより顧客の課題解決を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ