「ふるさと融資」地域振興につながる事業を支援

tips

「ふるさと融資」のご案内です。

ふるさと融資制度は、地域振興に資する民間投資を支援するため、都道府県・市町村が長期の無利子資金を融資する制度です。

ふるさと融資の申込先は、事業地の都道府県や市町村です。

概要

対象事業者:法人格を有する民間事業者
貸付団体:地方公共団体
対象事業:地域振興につながるあらゆる分野の民間事業で、新たな雇用が見込まれること
対象費用:設備の取得等に係る費用
融資期間:5年以上20年以内(うち据置期間5年以内)
貸付利率:無利子


国内では少子高齢化と東京一極集中が大きな課題となっています。地方では若年層が首都圏へ流出し、税収の減少や人口減少が加速しています。

地方の過疎化が進むと地域社会の生産機能や環境が低下し、住民の生活を維持することが難しくなっていきます。

そのため、少子高齢化に対応し、地方の人口減少に歯止めをかけることを目的とした地方創生が推進され、さまざまな取り組みが行われています。

このような状況下で、企業による地方創生や地域活性化の取り組みが注目を集めています。

地方自治体としても、地方創生に取り組む事業者は重要な存在であり、重点的に支援を行っている自治体も多く存在します。

「ふるさと融資」は、地域振興に資するあらゆる事業を対象とした融資です。

2024年4月1日に、「融資比率の引き上げ」「融資限度額の引き上げ」「融資下限額の引き下げ」「要件一覧の区分見直し」「申込回数の増加」「申請書類等の簡素化」など、利用しやすいよう制度改正が行われています。

事業のさらなる成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

また、融資に特化した「融資ガイド」も無料でお送りしています。資金調達方法について迷われている方や、融資による資金調達を成功させたい方は、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ ふるさと融資 地域振興 地域活性化 地方創生 融資 資金
詳細はこちら

ふるさと融資

資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

起業家応援プロジェクト「起業家交流ゼミ」が、12月3日から鳥取県で開催!
起業家交流ゼミに申し込む 鳥取県信用保証協会が主催する起業セミナー「起業家交流ゼミ」が、12月3日・4日にかけて開催されます。 「起業家交流ゼミ」とは、創業して間もない中小企業の方や半年以内に創業する…
「新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証4号」資金使途を借換目的に限定し指定期間を延長
2023年8月30日、中小企業庁は、新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証4号について、資金使途を借換目的に限定の上、指定期間を3か月延長することを発表しました。 新型コロナウイルス感染症…
「面的地域価値の向上・消費創出事業」補助金
中小企業庁は、令和4年度第2次補正予算「面的地域価値の向上・消費創出事業」の公募の開始について発表しました。 コロナ禍による来街者ニーズの多様化や、足元の円安メリットを活かしたインバウンドの回復等が期…
資金調達支援の「SoLabo」が経営者向け「資金調達の無料相談」を実施
2021年1月5日、株式会社SoLaboは、緊急事態宣言対策の資金調達に関する無料相談を受け付けることを発表しました。 この無料相談は、再度発表されると予想されている緊急事態宣言に向けたものです。 緊…
歴史的建造物の活用を起点としたまちづくり事業「NIPPONIA」を展開する「NOTE」と「シナジーマーケティング」が資本提携
2022年12月20日、株式会社NOTEは、シナジーマーケティング株式会社と、資本提携契約を締結したことを発表しました。 NOTEは、歴史的建築物の活用を起点に、その土地の文化資産を尊重したエリアマネ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】