注目のスタートアップ

マイクロサージャリー支援ロボットを開発する「F.MED」が4.3億円調達

company

2024年7月8日、F.MED株式会社は、総額4億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

F.MEDは、マイクロサージャリー支援ロボットを開発しています。

リニアモーターを活用して駆動する微細作業用マニピュレーターを搭載したロボットにより、マイクロサージャリーに求められるごく微細な器具操作を支援し、手術成績や安全性のさらなる向上の実現を目指しています。

現在、製品は開発中の段階にあります。

今回の資金は、製品開発、医療機器承認取得に向けた試験実施、組織の拡充などに充当します。


マイクロサージャリーは、顕微鏡を用い、直径1mmに満たない血管や神経などを手作業で縫ったり、腫瘍を摘出したりする微細な外科手術です。

しかしマイクロサージャーリーは、繊細な器具操作を習得する難易度が高いという課題を抱えており、実施できる医師が限られているという状況にあります。

この課題を解決するため、F.MEDはリニアモーターを活用して駆動する微細作業用マニピュレーターを搭載したロボットを開発しています。

マイクロサージャリーは非常に繊細な器具操作が求められるほか、人間の生理的な現象である「手ぶれ」という課題も抱えています。

F.MEDが開発するマイクロサージャリー支援ロボットは、医師の操作によってマニピュレーターがその操作を縮小して再現し、かつ手ぶれを制御することで、高いクオリティの手術を実施するというものです。

ロボット支援によって微細な器具操作がやりやすくなるため、より多くの医師がマイクロサージャリーを実施できるようになるほか、安全性を向上させることができます。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB F.MED マイクロサージャリー マニピュレーター ロボット 医師 医療 医療機器 手技 手術 技術 支援 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

音声対話型AI「ディライト アシスタント」を展開する「ディライト」が資金調達
2022年10月27日、株式会社ディライトは、資金調達を実施したことを発表しました。 ディライトは、音声対話型AI「ディライト アシスタント」を開発・提供しています。 コールセンター業務においてAIが…
次世代ゲノム解析サービス開発の「Zene」が5,000万円調達
2021年3月8日、株式会社Zeneは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、次世代ゲノム解析サービス「Zene360」をB2B/B2E向けに提供するため、サービス利用の募集を…
SaaS型のiPaaS提供の「Anyflow」が2,000万円調達
Anyflow株式会社は、2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 プログラミング不要で、SaaSとSaaSをつなぐことができる、クラウド・ネイティブiPaaS「Anyflow」を提供し…
空間データプラットフォーム「Spacely」を提供する「スペースリー」に「大和ハウスベンチャーズ」が出資
2024年5月2日、大和ハウスグループの大和ハウスベンチャーズ株式会社は、大和ハウスグループ共創共生1号投資事業有限責任組合(シナジーファンド)からの出資1号案件として株式会社スペースリーを選定したこ…
出版社・ウェブトゥーンスタジオ向けマンガSaaS「コミチ+」を提供する「コミチ」が資金調達
2023年3月31日、株式会社コミチは、資金調達を実施することを発表しました。 引受先は、株式会社小学館と株式会社秋田書店です。 コミチは、出版社・ウェブトゥーンスタジオ向けマンガSaaS「コミチ+」…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】