注目のスタートアップ

最新デバイスのサブスクリプションサービスを手がける「Reboot」が1.2億円調達

company

2024年6月28日、Reboot株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Rebootは、スマートフォンを中心としたデジタルデバイスのサブスクリプションサービス「リブート」を運営しています。

デジタルデバイス所有に伴う初期負担軽減、損害保険加入、修理・整備、リユース・リサイクルを利用者に代わって行うことで、利用者がデバイスの利用だけにフォーカスできる仕組みを提供しています。

今後、商品ラインナップの拡大や、さらなる機能開発を行っていきます。

具体的には、パートナー企業との協業、法人向けサービスのローンチ、ポイントプログラムの導入、契約後にユーザーのデバイスとして購入できるRent to Own機能の実装などを予定しています。


総務省「令和5年版情報通信白書」によれば、2022年においてスマートフォンの世帯保有率は90.1%と非常に高い割合にあります。

スマートフォンとインターネットが普及し、さまざまなデジタルサービスが提供されるようになっている社会においては、デジタルデバイスはなくてはならない必需品と言っても過言ではありません。

こうした中で、消費者の消費行動は、所有から利用へと移り変わっています。

また、この所有ではなく利用するという消費行動は、資源の回収や再利用によって環境負荷を低減させる循環型経済のベースでもあります。

一方で、スマートフォンを中心としたデジタルデバイスは、現状では所有型の消費が一般的です。

こうした環境により、新たなデバイスへと買い換えた場合、古いデバイスはそのまま各家庭に死蔵されたままになるというケースがあります。

使用済みデバイスはリサイクルやリユースが望まれているため、利用者が面倒と感じている部分を取り除き、リサイクル・リユースを促す仕組みを構築する必要があります。

Rebootは、デジタルデバイスのサブスクリプションサービスにより、デバイスのリサイクル・リユースを促進しながら、最新デバイスを気軽に利用できる環境を提供しています。

レンタルサービスなどは資金に制限のある創業期において便利な存在です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期にとって大きな投資となるオフィスについて、レンタルやコワーキングスペースのメリット・デメリットを比較し、おすすめの形態を解説しています。

また、企業の成長においては資金調達が重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Reboot サブスク サブスクリプション スマートフォン デジタル デジタルデバイス デバイス リース リサイクル リブート リユース レンタル 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

社会課題の解決を目指すパートナーに出会えるマッチングプラットフォーム開発・運営の「ICHI COMMONS」が1.2億円調達
2021年10月6日、ICHI COMMONS株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会課題の解決を目指すパートナーに出会えるマッチングプラットフォーム「ICHI…
セルフトレーニングをサポートする鏡(姿見)型デバイス「MIRROR FIT.」提供の「ミラーフィット」が資金調達
2022年4月18日、ミラーフィット株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ミラーフィットは、自宅でのトレーニングをサポートする鏡(姿見)型のスマートデバイス「MIRROR FIT.」を開…
防犯・見守りAIカメラ「JUSTY」提供の「JUSTICEYE」が8億円調達
2022年4月14日、株式会社JUSTICEYEは、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 JUSTICEYEは、防犯・見守りAIカメラ「JUSTY」を提供しています。 「JUSTY」は…
アプリ・外部サービス・IoTをつなぐことで快適な働き方を実現する「WorkstyleOS」提供の「ACALL」が10億円調達
2022年5月25日、ACALL株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ACALLは、様々なワークスペース、モノ、行動、人をつなげ、どこでも安心・安全・快適な働き方を実現する…
エレベーター向けスマート・ディスプレイ提供の「株式会社東京」が1.2億円調達
2019年7月30日、株式会社東京は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エレベーターのかご内に設置するスマート・ディスプレイ「東京エレビ」を展開しています。 契約スポンサ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】