ストレッチ素材スーツなどのD2Cブランド展開の「kay me」がそごう横浜店・ジェイアール京都伊勢丹など大手百貨店内に新規出店へ

tips

2020年10月1日、kay me株式会社は、2020年10月1日にそごう横浜店(神奈川県)、10月31日にジェイアール京都伊勢丹(京都府)、年内ほか数店舗、大手百貨店内に新規出店することを発表しました。

日本製D2Cブランド「kay me」を展開しています。

日本製の自宅で洗えるストレッチ素材のスーツやワンピースなどのウェア、バッグ、ジュエリーなど、ビジネス女性独自の視点で開発されたプロダクトを販売しています。

kay meは、D2Cブランドが大手百貨店と連携することの理由を以下のように説明しています。
・D2Cブランドの独自「SNSマーケティング力」により百貨店への集客が可能
・マチュアな消費スタイルを持つ百貨店顧客はD2Cブランドと相性が良い
・駅ナカ/駅チカの大手百貨店はD2Cブランドの顧客にとっても便利

自社で企画・製造した商品を直接ユーザーに届けるD2C(Direct to Consumer)には、以下のような様々なメリットがあります。
・顧客データを収集できる
・固定費の削減
・ブランド・ロイヤリティの強化
・商品のパーソナライズ化

特にアパレルに関しては、大量生産・大量販売のビジネス・モデルがうまくいかなくなっており、新たな業態として注目されています。

また、D2CブランドはECをメインの販売チャネルとしているため、SNSなどWebマーケティングを重要視しています。

また、小売業は国内市場の縮小など様座な課題を抱えています。顧客体験を向上させるため、SNSを通じたマーケティングやOMOに取り組む必要があるため、D2Cブランドとの連携を進めていくと考えられます。

D2Cビジネスは、顧客の声を直接聞くことができ、即座にプロダクトに反映できることが大きな魅力です。また、SNSなどインターネットを使ったマーケティングとも相性が良いと言われています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも実施できるネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ D2C kay me アパレル スーツ 出店 株式会社

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ