「フリーランスの取引適正化に向けた公正取引委員会の取組」

tips

公正取引委員会は「フリーランスの取引適正化に向けた公正取引委員会の取組」についてまとめています。

特定受託事業者に係る取引の適正化等に関する法律

2023年4月28日、「特定受託事業者に係る取引の適正化等に関する法律」(フリーランス・事業者間取引適正化等法)(令和5年法律第25号)が可決成立し、同年5月12日に公布されました。

この法律は、働き方の多様化の進展に鑑み、個人が事業者として受託した業務に安定的に従事することができる環境を整備することを目的とし、特定受託事業者に係る取引の適正化及び就業環境の整備を図るため、一定の義務を課すものです。

取引の適正化に係る規定については主に公正取引委員会及び中小企業庁が、就業環境の整備に係る規定については主に厚生労働省がそれぞれ執行を担います。

YouTube

フリーランス・事業者に向け、「フリーランス・事業者間取引適正化等法」の解説動画を作成し、YouTube公正取引委員会チャンネルで公開しています。

「パワポ動画でわかる フリーランス・事業者間取引適正化等法」
第1部 法律の制定経緯と趣旨
第2部 法律の対象となる当事者と取引
第3部 取引の適正化に係る規制
第4部 就業環境の整備に係る規制
第5部 規制内容のまとめと違反行為への対応、フリーランスの方向けの相談窓口の紹介

「ここに注目!フリーランス新法 〜フリーランス/中小企業・小規模事業者/発注事業者に向けて〜」

「フリーランス法NAVI 〜法律のポイントをテーマ別に解説〜」
Vol.1 基本の基(フリーランスの考え方・義務と禁止事項のポイント)
Vol.2 取引条件の明示義務って、つまり、何?
Vol.3 定めて、守って支払って 期日における報酬支払義務
Vol.4 その受領拒否、違反です
Vol.5 その返品、違反です
Vol.6 その減額、違反です
Vol.7 その買いたたき、違反です
Vol.8 その購入・利用強制、違反です
Vol.9 その不当な経済上の利益の提供要請、違反です
Vol.10 その不当な給付内容の変更・やり直し、違反です

Q&A

フリーランス・事業者間取引適正化等法に関するQ&Aを掲載しています。(随時更新)


2023年4月28日、「特定受託事業者に係る取引の適正化等に関する法律」(フリーランス・事業者間取引適正化等法)が可決成立し、2023年5月12日に公布されました。

この法律は、個人が事業者として受託した業務に安定的に従事することができる環境、つまりフリーランスとしての働き方を安定的に行えるようにする環境整備を目的としています。

特定受託事業者に係る取引の適正化と就業環境の整備を図るため、一定の義務を課しています。

フリーランスとの取引がある事業者は、公正取引委員会が公開している解説動画などを参考に、適切な対応が取れるよう体制を構築しましょう。

義務項目 具体的な内容
書面等による取引条件の明示 業務委託をした場合の、書面等による「委託する業務の内容」「報酬の額」「支払期日」等の取引条件を明示すること
報酬支払期日の設定・期日内の支払 発注した物品等を受け取った日から数えて60日以内の報酬支払期日を設定し、期日内に報酬を支払うこと
禁止事項 フリーランスに対し、継続的業務委託をした場合に法律に定める行為をしてはならないこと
募集情報の的確表示 広告などにフリーランスの募集に関する情報を掲載する際に、
・虚偽の表示や誤解を与える表示をしてはならないこと・
内容を正確かつ最新のものに保たなければならないこと
育児介護等と業務の両立に対する配慮 継続的業務委託について、フリーランスが育児や介護などと業務を両立できるよう、フリーランスの申出に応じて必要な配慮をしなければならないこと
ハラスメント対策に係る体制整備 フリーランスに対するハラスメント行為に関する相談対応のための体制整備などの措置を講じること
中途解除等の事前予告 継続的業務委託を中途解除したり、更新しないこととしたりする場合は、原則として30日前までに予告しなければならないこと

創業期はさまざまなリソースが不足しているため、戦略的に外部の人材を活用することが成長の秘訣です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

また、組織の成長のためには人材採用だけでなく、資金調達を成功させることも重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ フリーランス フリーランス・事業者間取引適正化等法 フリーランスの取引適正化に向けた公正取引委員会の取組 個人事業主 公正取引委員会 取引適正化 特定受託事業者に係る取引の適正化等に関する法律
詳細はこちら

フリーランスの取引適正化に向けた公正取引委員会の取組

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

業務委託契約書作成ツール「契ラク by Sollective」がリリース
2022年3月24日、株式会社ソレクティブは、「契ラク by Sollective」の提供を開始したことを発表しました。 「契ラク by Sollective」は、企業の採用担当者・フリーランス・副業…
フリーランスと企業のマッチングサービスなどを展開する「Hajimari」が7億円調達
2022年11月29日、株式会社Hajimariは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Hajimariは以下のサービスを展開しています。 ・IT起業家・フリーランスと成長企業のマッチ…
「アルトア オンライン融資サービス」初回利用時から即日融資が可能に
オリックス株式会社および弥生株式会社が共同で設立したアルトア株式会社が、「アルトア オンライン融資サービス」に新たに『eKYC』を導入し、初回利用時から即日融資が可能になりました。 「アルトアオンライ…
「Start-X」が企業のYouTubeチャンネル運用支援を行う「Movie-X」をリリース
2020年10月19日、Start-X合同会社は、「Movie-X」を開始したことを発表しました。 「Movie-X」は、動画のプロフェッショナルが揃ったフリーランス集団から専用のチームを組成し、企業…
ローカル・ビジネス向け顧客獲得支援の「Zehitomo」が8.2億円調達
株式会社Zehitomoは、総額8億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 仕事を依頼したい人と、専門職のフリーランスや中小企業をつなげる顧客獲得プラットフォーム「Zehitomo(ゼ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】