注目のスタートアップ

XR向けインターフェースデバイスを提供する「Diver-X」が2億円調達

company

2024年6月19日、Diver-X株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Diver-Xは、XR向けインターフェースデバイスを開発・提供しています。

手がけている「ContactGlove」は、グローブ型のVRコントローラーです。触感フィードバック機能を搭載しており、高精度なハンドトラッキングと併せて、より没入感の高いVR体験を実現します。

ほかに、法人・研究向けの小型触覚デバイス「ContactGlove Lite」や、Meta Questのコントローラーに貼りつけて精細なハンドトラッキングを実現する「ContactSheet」を展開しています。

XR領域にとらわれず、人間の生活により密接したHID(Human Interface Device)などの開発を幅広く進めています。

今回の資金調達により、HIDの研究開発や製造販売、製造業向けソリューションの開発を加速します。


XR(エクステンデッドリアリティ、クロスリアリティ)とは、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)などの技術を総称するものです。

これらは近年急速に普及している先端技術であり、デジタルと現実の世界を融合させ、現実の体験を拡張したり、没入体験を実現したりすることで、新たな体験を提供しています。

このうちVRは、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)などの専用デバイスを用いて仮想空間に高度な没入体験を実現する技術です。

この革新的な技術は、ゲームやエンターテインメント分野において、これまでにない体験をもたらすものとして注目されています。

今後さらなるVR市場の拡大のためには、より没入的な体験を実現するための技術やデバイスの実装が必要であるとされています。

これは現在のVRが基本的に視覚と聴覚に頼っているためであり、視覚・聴覚以外の感覚との齟齬によって没入感が失われてしまうという課題を抱えているためです。

たとえば、現実世界では対象に触ることで触ったという感覚がありますが、現状のVRはその感覚が存在せず、「バーチャル」であると思ってしまいます。

したがって、完璧な仮想現実体験を実現するには、視覚・聴覚以外にも、触覚・味覚・嗅覚やそのほかの感覚を再現する技術・デバイスの実現が必要なのです。

Diver-Xは、ハンドトラッキング・ハプティクス(触覚)・モーショントラッキング技術などの要素技術をベースに、XR領域を中心にインターフェースデバイスを開発・提供しています。

事業のさらなる成長には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB ContactGlove ContactSheet Diver-X HID Human Interface Device VR XR コントローラー テクノロジー ハードウェア ハンドトラッキング 仮想現実 株式会社 触感 触覚 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「J・Grip」が小規模事業者に向けて資金繰りを支援する「Azassu powered by FREENANCE」の提供を開始
2020年10月22日、株式会社J・Gripは、GMOクリエイターズネットワーク株式会社が提供する「FREENANCE(フリーナンス)byGMO」のOEM提供を受け、2020年10月22日から「Aza…
自律移動型ロボットを開発・製造・提供する「SEQSENSE」が17.9億円調達
2023年8月18日、SEQSENSE株式会社は、総額17億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SEQSENSEは、自律移動型ロボットの開発・製造・サービス提供を行っています。 2…
新規事業開発支援の「本気ファクトリー」が1億円調達 新規事業担当者育成eラーニング「だれでも新規事業つくれるカレッジ」をリリース
2022年12月20日、本気ファクトリー株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、新サービス「だれでも新規事業つくれるカレッジ」をリリースしたことも併せて発表しました。 …
VTuberのプロデュース事業やバーチャル学園都市「MEキャンパス」の運営などを手がける「Brave group」が資金調達
2024年4月23日、株式会社Brave groupは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、三井不動産株式会社と株式会社テレビ朝日ホールディングスです。 この資金調達により、シリーズDの…
VTuber事業やメタバースマーケティング事業を展開する「Brave group」が「マイナビ」と資本業務提携
2022年9月9日、株式会社Brave groupは、株式会社マイナビと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Brave groupは、グループ会社を通じ、バーチャルIP事業や、メタバース…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】