注目のスタートアップ

空飛ぶクルマと物流ドローンを開発する「SkyDrive」が96億円調達

company

2022年9月26日、株式会社SkyDriveは、総額96億円の資金調達を実施したことを発表しました。

SkyDriveは、空飛ぶクルマと、30kgの荷物を運搬できる物流ドローン「SkyLift」を開発しています。

開発する空飛ぶクルマは、垂直離着陸が可能な電動駆動のエアモビリティ(eVTOL)です。

2020年8月に試験機「SD-03」の公開デモフライトに成功し、2021年9月に大阪府・大阪市と連携協定を締結しています。

2025年の大阪・関西万博開催時のエアタクシーサービス実現のため、2人乗り機体「SkyDrive式SD-05型(SD-05)」を開発しています。

物流ドローン事業では、2021年6月に成田市とドローン活用・社会実装促進に向けた協定を締結しており、成田市での土木現場を想定した資材の運搬などの実証実験を進めてきました。

2022年8月には、電力会社の鉄塔メンテナンス業務において、塗料1.6トン分の一斗缶を3日間にわたり山間部へと運搬しました。

今回の資金は、事業基盤・経営基盤の強化に充当します。

空を飛ぶ乗り物(エアモビリティ)は、これまで旅客機やヘリコプターなどごく一部に限られていました。しかし、ここ数年間で実用化に向けた構想の勢いが増しており、とくにeVTOLの研究開発が進んでいます。

eVTOLとは、垂直離着陸可能なマルチコプターで、電気で駆動するエアモビリティです。

垂直離着陸は離着陸時に滑走路などの大きな土地を必要としないため、日常的にエアモビリティを利用するための重要な機能です。

またeVTOLはヘリコプターと比べ、低い騒音レベル・低い操縦コスト・高い安全性といった点で勝っています。将来的には空という広大な空間を利用する効率的な乗り物として自動車を代替することになる可能性もあります。

世界ではスタートアップのほか、ボーイングやエアバスなど大手航空機会社などもeVTOLの開発に参入しており、実用化が近づいています。

SkyDriveはエアモビリティとして国土交通省に型式証明申請が受理された国内初の企業となります。

型式証明とは、国土交通省が航空法にもとづき、設計・構造・強度・性能などが所定の安全基準や環境基準に適合していることを証明するものです。

またSkyDriveは2025年の大阪・関西万博において、エアタクシーとしてeVTOLを実用化することを目指しています。

最新のプロダクトの開発には多くの資金が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、ベンチャーキャピタルから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eVTOL SD-05 SkyDrive SkyLift エアモビリティ スカイタクシー ドローン モビリティ 大阪・関西万博 株式会社 物流 空飛ぶクルマ 資金調達 運搬 電動垂直離着陸機
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「不動産投資型クラウドファンディング構築サービス Powered by ENjiNE」と「GMO賃貸DX」が連携開始
2022年6月27日、株式会社Relicは、GMO ReTech株式会社と、「不特法事業者である不動産管理会社並びに小口不動産投資家双方によりシームレスな顧客体験を提供するための連携」を開始したことを…
ビルオーナーと移転企業のマッチングプラットフォーム「SERECT」を開発する「Lexi」が2,000万円調達
2022年10月20日、株式会社Lexiは、2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Lexiは、ビルオーナーと移転企業のマッチングプラットフォーム「SERECT」を開発・提供しています…
光コム技術を活用した形状測定器開発・提供の「XTIA」が17億円調達
2020年2月21日、株式会社XTIAは、総額17億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先である、株式会社ニコン、JUKI株式会社、双日株式会社とは業務提携契約も締結しました。 XT…
ブランドコスメをお得に購入できる会員限定通販サイト「Pantrii」運営の「Parchie」が1.2億円調達
2022年10月6日、株式会社Parchieは、総額約1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Parchieは、ブランドコスメをお得に購入できる会員制通販サイト「Pantrii(パ…
クラウド・キッチンの「X Kitchen」が5,000万円調達
2019年12月27日、株式会社X Kitchenは、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 1キッチンで複数のデリバリー・ブランドを展開するクラウド・キッチン事業を展開していま…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ