注目のスタートアップ

においセンシングデバイスやAIクラウドソフト「iinioicloud」を提供する「レボーン」が2.2億円調達

company

2024年6月6日、株式会社レボーンは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

この資金調達により、累計調達額は7億円となりました。

レボーンは、においセンシングデバイスやAIクラウドソフト「iinioicloud(イイニオイクラウド)」を提供しています。

クラウドベースのAIに、先進的なにおいセンシング技術とにおい再生装置を統合し、においの可視化・理解・再生を実現するサービスを提供しています。

また、においに関する課題を抱える事業者などを対象としたにおいコンサルティング事業、調香師・臭気判定士などの専属コンサルタントによる​受託におい測定事業も展開しています。

今回の資金調達により、サービス拡充のための採用強化や技術投資を図ります。


嗅覚は人間にとって重要な感覚のひとつです。また他の感覚とは異なり、感情・記憶に強く関与している脳の領域である扁桃と海馬につながっていることから、もっとも感情や記憶と関連の深い感覚であるといわれています。

こうした「におい」の特性はさまざまな場所で活用されています。たとえば、化粧品などでは香りがプロダクトの魅力のひとつでもあります。そのほかにも、アルコール飲料などの嗜好品では、「におい」がその商品の特徴を決定づけることもあります。

ほかにも、ラグジュアリーなホテルなどでは、特別なアロマを調合し、その香りで空間を満たすことで、ブランディングとして用いるといった例もあります。

しかし嗅覚は科学的に未解明な部分も多く、その他の感覚と比較してデジタル化が遅れている領域でもあります。

「におい」が重要となるプロダクト開発では、有資格者などの専門家が自身の感覚を使って特徴を分析する官能評価が行われていますが、やはり個人の感覚に依存する作業であるため、クオリティに差が生じるほか、属人化してしまうといった課題があります。さらに、官能評価は大量廃棄につながる可能性もあり、担当者は強いプレッシャーにさらされるという問題もあります。

そのため「におい」の定量化・デジタル化は高いニーズがあり、世界的に研究開発が進められています。

レボーンは「におい」に関する課題を、独自開発のにおいセンサーとAIにより解決することを目指しています。

株式会社レボーンのコメント

このニュースを受けまして、株式会社レボーンよりコメントが届きました。

松岡 広明(まつおか・ひろあき)
株式会社レボーン 代表取締役
1990年生まれ。2004年ポルトガルで行われた第8回RoboCup世界大会に参加し、僅か13歳で準優勝。
長崎大学工学研究科へ進学。
主にドローンなどを使った災害時におけるシステムの研究・開発を行う。
大学院在学中に、株式会社レボーンを創業。IoTやハードウェア領域における研究開発や、ソリューション開発を行う。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

このたび調達した資金はサービス拡充のための採用強化や技術への投資を行います。
2024年中のリリースを目指して開発体制を強化してまいります。
(2024年6月6日公表のプレスリリースより)

事業の大きな成長のためには資金調達を成功させることが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、融資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB iinioicloud イイニオイクラウド コンサルティング センシング センシング技術 デバイス ニオイ レボーン 再生 匂い 可視化 株式会社 測定 統合 装置 資金調達 香り
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ラストワンマイル配送のルート最適化システム「Loogia」を提供する「オプティマインド」が20億円調達
2022年12月12日、株式会社オプティマインドは、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オプティマインドは、ラストワンマイル配送におけるルート最適化クラウドサービス「Loogia(…
「Gunosy」創業者の福島氏がブロックチェーン技術の「LayerX」をMBO
2019年7月12日、株式会社Gunosyは、子会社である株式会社LayerXを、創業者の福島良典氏にマネジメント・バイ・アウト(MBO)で事業譲渡することを発表しました。 また、AnyPay株式会社…
モビリティ広告プラットフォーム「WithDrive」を展開する「Essen」が資金調達
2024年5月31日、株式会社Essenは、資金調達を実施したことを発表しました。 Essenは、モビリティ広告プラットフォーム「WithDrive」を展開しています。 乗用車に広告を掲載したい企業と…
「アステナホールディングス」の連結子会社「岩城製薬」が抗ウイルス薬を開発する「キノファーマ」に出資
2022年10月17日、アステナホールディングス株式会社の連結子会社である岩城製薬株式会社は、株式会社キノファーマに出資したことを発表しました。 キノファーマは、宿主因子をターゲットとし、ウイルスの増…
精神疾患向けのVRを活用した治療手法を開発する「BiPSEE」が2.5億円調達
2021年10月7日、株式会社BiPSEEは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 VR技術と医学的エビデンスにもとづいた、精神疾患治療向けの「VRデジタル治療薬」を開発して…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】