注目のスタートアップ

電動マイクロモビリティー「Striemo」を開発する「ストリーモ」が2億円調達

company

2022年8月17日、株式会社ストリーモは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ストリーモは、電動マイクロモビリティー「Striemo」を開発しています。

キックボードに似た形の電動マイクロモビリティで、走行時・停止時の安定感や安全性を特徴としています。

バランスアシストシステムと三輪(前方一輪、後方二輪)によって停止時には自立し、極低速においても安定した走行を実現します。

ふらつきにくいため車道において走行している場合も安全に走行できます。また、足をつくことなく停止できるため、歩行と同じ速度でも安全に走行することが可能です。

また、石畳や坂道などでもバランスが乱れないため、安全に走行できます。

今後、2022年中に一般消費者だけでなく、商業施設・空港・倉庫・建築現場などでの移動用マイクロモビリティとしての製造・販売を進めていきます。

2023年以降は欧米市場への展開を計画しています。

電動キックボードは、道路交通法では原動機付自転車(原付)に分類されており、公道を走る際は原付以上の運転免許とヘルメットの着用が必要となります。しかしこのヘルメットの着用義務は、電動キックボードなどマイクロモビリティの普及を妨げる要因のひとつでした。

シェアリング事業者による働きかけにより、2021年4月23日付で「新事業特例制度」が認定され、シェアリング事業者の電動キックボードのみを小型特殊自動車とみなし、公道でのシェアリングサービス方式による実証実験が認められました。

この実証実験ではヘルメットの着用が任意となっており、電動キックボードシェアリングサービスの普及が一歩前進した形となります。

また、2022年4月19日に改正道路交通法が国会で成立しました。この改正法は2年以内を目処に施行されます。

この改正法では、最高速度が時速20キロ以下のマイクロモビリティが特定小型原付自転車となり、免許が不要となります。またヘルメットの着用が努力義務となり、自転車が走行可能な歩道も走行可能になるため、電動キックボードなどのマイクロモビリティが大きく普及するきっかけとなるでしょう。

一方で、日本の道路は自動車を前提に設計されているところがほとんどです。

たとえば、自転車も軽車両なので車道を走らなくてはならないのですが、道路の環境・状態から自転車が車道を走るには危険な箇所がいたるところにあります。

一般的な電動キックボードは二輪であり、車輪自体も小さなものが多いため安定性に欠けています。そのため、劣化した道路などでは安全に走行することができません。

警察庁の資料「パーソナルモビリティの安全な利用の推進の在り方について」(2022年6月15日)によると、2020年から2022年3月までに電動キックボードが関与する交通事故は全部で42件ありました。もっとも多いのが自動車との事故で16件(40%)で、次いで多いのが単独事故の9件(23%)となっています。

この単独事故の多さは電動キックボードの安定性の問題の現れであると考えられます。

ストリーモは、この電動キックボードの安全性の課題を解決する新たなマイクロモビリティ「Striemo」を開発しています。

安全性はマイクロモビリティの普及にとって重要なものであるため、今後ストリーモのプロダクトがマイクロモビリティの領域でどのように受け止められるのか注目が必要です。

医療の領域など、革新的な技術を開発・実用化するには豊富な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャーキャピタルから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Striemo キックボード ストリーモ マイクロモビリティ モビリティ 株式会社 資金調達 電動 電動キックボード
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

医療業界向けシステム・アプリ受託開発などの「ジーワン」がIT営業アウトソーシングの「BCC」と資本提携
2022年5月23日、ジーワン株式会社は、BCC株式会社からの出資を受け入れたことを発表しました。 ジーワンは、医療向けにHXデザイン(ヘルスケアエクスペリエンスデザイン)、システム・ウェブサイト開発…
ラグジュアリーな美容製品を展開する「Kyogoku」が5,000万円調達
2021年12月17日、株式会社Kyogokuは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Kyogokuは、世界的なヘアコンテストであるInternational Visionary …
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発・販売の「APB」が資金調達
2020年6月30日、APB株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、豊田通商株式会社です。 以前の資金調達は2020年3月4日で、総額約80億円を調達しています。 APBは、次世…
ブロックチェーン技術を活用したアニメ作品のデジタル・ブロマイド販売の「YUIMEX」が資金調達
2021年2月19日、株式会社YUIMEXは、資金調達を実施したことを発表しました。 ブロックチェーン技術による価値証明を活用した、アニメ作品のデジタル・ブロマイドをコレクションできるサービス「Ani…
不動産のAI査定サービス「HowMa」運営の「コラビット」が資金調達
2021年8月17日、株式会社コラビットは、資金調達を実施したことを発表しました。 不動産のAI査定サービス「HowMa」を提供しています。 物件情報を入力することで、オンライン上で簡単に自宅の価格や…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ