「海外からのミーティング・インセンティブ旅行誘致に向けた地域連携支援事業」2次公募

subsidy

国土交通省観光庁は「海外からのミーティング・インセンティブ旅行誘致に向けた地域連携支援事業」の2次公募について発表しました。

ミーティング・インセンティブ旅行等ビジネス目的による訪日客は、一般観光客と比較するとより長い滞在日数・高い消費単価の傾向があり、国内全体の消費額増につながるとともに、需要の平準化にも資するものと考えられます。

M・Iは世界的に市場規模が大きく、今後も成長率が見込まれる分野であるものの、国内での誘客の仕組みやコンテンツ造成が進んでおらず、世界の需要を十分に取り組めていないのが現状です。

観光庁は、日本が受け入れ国としての地位を向上していくために、主催者のニーズに応えられる特別感のあるコンテンツの開発・磨き上げ、ユニークベニューの活用検証、また、地域の知的資産のM・Iへの活用等を対象とした実証案件を募集しています。

募集する実証プログラム

(1)地域の伝統産業・知的資産等を活用したM・I向けコンテンツの造成・磨き上げ
(2)チームビルディングコンテンツの造成・磨き上げ
(3)ユニークベニューの新規活用、夜間等の新たな活用によるモデルイベントの実施

事業経費

上記の類型から1つまたは複数選択の上申請。ひとつの申請につき上限1,500万円。

上記類型とは別に全体としてかかる経費や、販路構築に向けた取り組み費用(PR動画撮影、HP改修など)についても申請可能。こちらは1,500万円の中に含み上限500万円。

公募期間

2024年5月14日(火)~2024年6月18日(火)12:00まで


近年、観光分野ではMICEの開拓が進められています。

MICEとは、企業などの会議(Meeting)、企業などが行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会などが行う国際会議 (Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字を取った、これらビジネスイベントを総称する言葉です。

MICEはビジネス目的による旅行であるため、一般の観光とは異なる特徴があります。

たとえば、開催地域への集客がもたらす経済効果・観光振興だけでなく、ビジネスチャンスや、イノベーションの創出、都市の知名度向上、ブランドイメージ向上などの効果があるとされています。

こうした背景のもと、観光庁を中心としてMICE誘致の取り組みが進められています。

今回の「海外からのミーティング・インセンティブ旅行誘致に向けた地域連携支援事業」は、ミーティング・インセンティブ旅行の領域において、「地域の伝統産業・知的資産等を活用したM・I向けコンテンツの造成・磨き上げ」「チームビルディングコンテンツの造成・磨き上げ」「ユニークベニューの新規活用、夜間等の新たな活用によるモデルイベントの実施」の3つの実証プログラムを募集するものです。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ MICE インセンティブ旅行 インバウンド ビジネス ミーティング旅行 会議 助成金 旅行 海外からのミーティング・インセンティブ旅行誘致に向けた地域連携支援事業 補助金 観光 訪日観光客
詳細はこちら

「海外からのミーティング・インセンティブ旅行誘致に向けた地域連携支援事業」の二次公募を開始します

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【補助金】令和5年度「水産加工・流通構造改善取組支援事業」(2次募集)
公益財団法人水産安定供給推進は、令和5年度「水産加工・流通構造改善取組支援事業」の2次募集について発表しました。 漁業者、流通業者、加工業者等、これらの団体(加工業者等)が、漁獲量が減少し入手困難な魚…
「バーチャル・エンジニアリング補助金(船舶産業製造工程最適化推進事業費補助金)」
2023年12月18日、国土交通省は、「バーチャル・エンジニアリング補助金(船舶産業製造工程最適化推進事業費補助金)」の募集について発表しました。 船舶・舶用機器の製造等の抜本的な効率化を目的として、…
電子トレカを用いたファンシステム「ORICAL」など提供の「ventus」が2.75億円調達
2021年12月20日、株式会社ventusは、総額2億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電子トレカを用いたファンシステム「ORICAL(オリカル)」など、スポーツ・エンタメ領域…
「家畜取引スマート化推進支援事業」補助金
農林水産省は「家畜取引スマート化推進支援事業」に係る公募について発表しました。 次に掲げる事業により構成され、家畜市場の円滑な運営を確保し、家畜市場を活性化するため、利用者の増加、利便性向上や市場運営…
音声を活用した議事録作成支援サービス「スマート書記」を提供する「エピックベース」が2億円調達
2022年12月22日、エピックベース株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 エピックベースは、音声を活用した議事録作成支援サービス「スマート書記」を提供しています。 AIと音…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】