【5/20締切】「小規模事業者持続化補助金」第16回公募

subsidy

「小規模事業者持続化補助金」第16回公募のご案内です。

小規模事業者自らが作成した持続的な経営に向けた経営計画に基づく、地道な販路開拓等の取組(例:新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)や、地道な販路開拓等と併せて行う業務効率化(生産性向上)の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

補助上限

通常枠:50万円
賃金引上げ枠・卒業枠・後継者支援枠・創業枠:200万円
インボイス特例対象事業者:上記金額に50万円を上乗せ

補助率

2/3(賃金引き上げ枠のうち赤字事業者は3/4)

公募スケジュール

事業支援計画書(様式4)の発行受付締切:原則2024年5月20日(月)17:00
公募申請受付締切:2024年5月27日(月)17:00

従前の公募回に比べて事業実施期間が短いため注意が必要です。

第16回小規模事業者持続化補助金について、詳しくはこちらの記事を>>
【2024年5月締切】第16回小規模事業者持続化補助金とは?スケジュールや変更点などを解説

「小規模事業者持続化補助金」は、小規模事業者が販路を開拓し、業務効率を向上し、生産性を高めるための支援策です。

対象経費には、機械装置などの購入費、広報費、ウェブサイト関連費、展示会出展費(オンライン展示会や商談会を含む)、旅費、新商品開発費、資料購入費、借料、設備処分費、委託・外注費など、販路拡大や業務効率化に関連する幅広い経費が含まれます。

したがって、この補助金は事業者にとって非常に利便性の高いものといえます。

今回の16回公募は事業実施機関・申請期間が短いため、申請が遅れないよう、また交付決定予定の8月頃から事業実施期限である11月4日までの期間に終了する補助事業である必要がある点に注意が必要です。

また、第15回締切からは変更点が複数あります。

「原則独自の電子申請システムでの申請」
一般的な補助金・助成金申請の申請システムはjGrants(Jグランツ)ですが、「小規模事業者持続化補助金」では独自の電子申請システムを利用することとなりました。また、申請は原則電子申請システムで受け付けており、郵送で申請をした場合は減点調整の対象となります。

「賃金引き上げ要件の上昇」
「賃金引き上げ枠」の要件においては、前回までは事業場内最低賃金が地域別最低賃金からプラス30円以上だったのですが、今回からプラス50円と要件が厳しくなっています。

「災害支援枠の新設」
令和6年能登半島地震で被災した事業者に向けた「災害支援枠」が新設されました。これは、国が指定する支援機関(商工会等)の助言も受けながら事業の再建に向けた計画を被災事業者自ら作成し、その計画に基づいて行う取組に要する経費の一部を補助するものです。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ インボイス 創業 助成金 小規模事業者持続化補助金 後継者 経営計画 補助金 販路開拓 賃上げ
詳細はこちら

小規模事業者持続化補助金<一般型>第 16 回公募

事業承継手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「アプリコット・ベンチャーズ」が創業準備中/創業期の起業家向けの無料オフィス支援プログラム「FLAP」第9期の募集を開始
2020年6月1日、株式会社アプリコット・ベンチャーズは、「FLAP」の第9期の募集を開始したこと発表しました。 「FLAP」は、創業準備中/創業期の起業家向けの無料オフィス支援プログラムです。 採択…
「働き方改革推進支援助成金(労働時間適正管理推進コース)」
厚生労働省は「働き方改革推進支援助成金(労働時間適正管理推進コース)」について発表しました。 このコースは、生産性を向上させ、労務・労働時間の適正管理の推進に向けた環境整備に取り組む中小企業事業主を支…
「物流施設におけるDX推進実証事業費補助金」
国土交通省は「物流施設におけるDX推進実証事業費補助金」の公募について発表しました。 物流施設における自動化・機械化・デジタル化の優れた取組について、システムの構築や自動化機器の導入等への支援を行うこ…
「洋上風力発電低コスト施工技術開発(施工技術実証)」助成金
2023年8月10日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構は「洋上風力発電低コスト施工技術開発(施工技術実証)」の追加公募について発表しました。 洋上風力発電システムの低コスト化を目指し…
【東京都】「デジタル技術を活用した先進的サービス創出支援事業」助成金
公益財団法人東京都中小企業振興公社は「デジタル技術を活用した先進的サービス創出支援事業」について発表しました。 デジタル技術を活用した先進的サービスの事業化に取り組む中小企業者等で東京都・公社・各種ビ…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】