注目のスタートアップ

長距離ワイヤレス給電技術の社会実装を目指す「エイターリンク」が20.6億円調達

company

2024年5月9日、エイターリンク株式会社は、総額20億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

エイターリンクは、米・スタンフォード大学発のスタートアップ企業です。

ファクトリーオートメーション(FA)、ビルマネジメント、医療の3つの領域に対し、マイクロ波ワイヤレス給電技術の応用を目指しています。

2024年3月に空間伝送型ワイヤレス給電システムソリューション「AirPlug」のビルマネジメント領域における詳細発表を行い、それと同時に一般販売を開始しています。

今回の資金は、ビルマネジメント領域における「AirPlug」の量産や営業拡大、FA領域におけるプロダクト開発や量産体制の立ち上げ、医療を含めた新たな領域における研究開発や事業立ち上げに充当する予定です。


ワイヤレス給電技術は、電線やケーブルなどの接続なしに電力を送る技術のことです。

現在は、スマートフォンやスマートウォッチなどのデバイスでワイヤレス給電技術が実用化されていますが、これらの技術は近距離のワイヤレス給電技術であり、充電パッドにデバイスを接触させる必要があります。

この技術はケーブルを差し込む必要がなく、デバイスから端子をなくすことができるため、対し防水・防塵といったメリットがありますが、一方でケーブルを利用する充電と同じように充電場所に制約があるという課題は抱えたままです。

もし長距離のワイヤレス給電技術が実現されれば、より電子機器は自由になり、さらなるイノベーションのもとになると考えられています。

たとえば、リチウムイオン電池を搭載するドローンは、機体の小型化・軽量化のため長距離航行に課題を抱えています。長距離ワイヤレス給電が実現されれば、飛行するドローンに直接電力を送ることが可能となり、小型ドローンでも長距離飛行が可能となります。

エイターリンクが発表したビルマネジメント向けの空間伝送型ワイヤレス給電ソリューション「AirPlug」は、最大17m以上の給電距離のほか、移動体に対しても給電可能な低い角度依存性を特徴としています。

この技術は、配線をすることなくオフィス内に複数のセンサーを配置することで、より人間に近い場所のデータの取得を可能にし、このデータをもとにしたビルシステムの統合制御などに活用することができます。

革新的な技術を実用化するには資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AirPlug BtoB FA エイターリンク エネルギー システム ソリューション ビルマネジメント ファクトリーオートメーション ワイヤレス給電 供給 医療 技術 株式会社 空間 資金調達 長距離 電力
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

遠隔接客サービス「RURA」を提供する「タイムリープ」が「グローリー」と資本業務提携
2024年7月10日、タイムリープ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、通貨処理機・セルフサービス機器の開発・製造・販売・保守などを手がけるグローリー株式会社です。また、グロー…
過熱水蒸気技術を用いた食品乾燥装置「過熱蒸煎機」を開発・販売する「ASTRA FOOD PLAN」が資金調達
2022年5月31日、ASTRA FOOD PLAN株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ASTRA FOOD PLANは、過熱水蒸気技術を用いた食品乾燥装置「過熱蒸煎機」を開発・販売し…
「TERASS」が家の買い替えサービス「Home Trader」をリリース
2021年2月17日、株式会社TERASSは、「Home Trader(ホームトレーダー)」をリリースしたことを発表しました。 「Home Trader」は、家の買い替えサービスです。 新居の購入から…
メタマテリアルを活用した製品設計を革新する設計アルゴリズム「DFM」開発の「Nature Architects」が3.25億円調達
2020年5月29日、Nature Architects株式会社は、総額3億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メタマテリアルを活用し、従来のものづくりとは根本的に異なる製品設計を…
「ピアラベンチャーズ」が採用管理システム「採用一括かんりくん」を提供する「HRクラウド」に出資
2023年3月8日、株式会社ピアラは、連結子会社である株式会社ピアラベンチャーズが運営するファンドにおいて、HRクラウド株式会社に投資を実行いたしました。 HRクラウドは、クラウド型採用管理システム(…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】