注目のスタートアップ

量子科学に基づく新規材料の社会実装を目指す東大発スタートアップ「TopoLogic」が1.3億円調達

company

2022年4月7日、TopoLogic株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

TopoLogicは、量子科学に基づく新規材料の社会実装を目指す東大発スタートアップです。

東京大学大学院理学系研究科、中辻・酒井研究室で研究が進められている「トポロジカル物質」の社会実装のため、新規素子やデバイスの開発を進めています、

具体的には、薄膜化、大面積化、低コスト化が可能な熱電変換デバイスの開発、半導体メモリと比べて省電力化が可能なメモリ素子の開発を行っています。

今回の資金は、熱流センサーのプロダクト・サービスのプロトタイプの開発、トポロジカル反強磁性体によるメモリ素子の基礎開発の推進に充当されます。

トポロジカル物質とは、数学のトポロジー(位相幾何学)という観点から構造や物性・現象が説明される物質です。

トポロジーとは、穴が開いている/いない、穴が何個あるかという部分に焦点を当てた考え方です。穴は形を曲げたり伸ばしたりしても保たれる性質であり、たとえば、ドーナツと把手のあるマグカップはどちらも穴がひとつなので、これをトポロジー的に同一であると言ったりします。

このトポロジーという分野は比較的新しく、数学者ポアンカレによる1900年前後の一連の研究がはじまりであると考えられています。それからトポロジーの研究が進み、素粒子、宇宙、量子情報などの分野においても新しい現象の発見に大きく貢献しました。

物性の世界ではトポロジカル物質というものが発見され、次世代の情報技術への活用が期待されています。トポロジカル物質とは、たとえば中身は絶縁体であるのに表面は電子を通すといった特異な現象を示す物質などです。

ほかにも様々な特異な性質を持つ物質が発見されており、TopoLogicは、このトポロジカル物質を応用し、革新的なデバイスやメモリ素子を開発しています。

たとえば、開発しているメモリ素子は、MRAM(磁気記録式メモリー)への適用が考えられています。MRAMとは既存のDRAMやSRAMといったメモリを大幅に省電力化するため、ウェアラブルデバイスやエッジ端末などの省電力化のために大きく注目されています。

MRAMはすでに実用化され市場に投入されていますが、TopoLogicのメモリ素子が適用されることでさらなる高性能化が図られ、省電力化だけでなく、THz(テラヘルツ)レベルでの高速動作、高集積化が実現されるとしています。

研究開発系のビジネスでは、資金調達が成長に直結してきます。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資してもらうためのノウハウや、クラウドファンディングの使い方など、創業期の資金調達について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ TopoLogic デバイス トポロジカル物質 新素材 材料 東京大学 株式会社 研究開発 科学 資金調達 量子科学
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

家具のサブスクリプション・サービス「airRoom」の運営元が1億円調達
2019年7月24日、株式会社Elalyは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家具・インテリアのサブスクリプション・サービス「airRoom」を運営しています。 人気家具ブランドの…
VRイベント「バーチャルマーケット」の開催やVRエンジン提供などXR事業を展開する「HIKKY」が5億円調達
2022年2月8日、株式会社HIKKYは、5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社メディアドゥです。また、2021年11月15日に65億円の資金調達を発表しています。 HIK…
ケニアでB2Bローン事業を展開する「Crediation」が資金調達
2020年6月25日、株式会社ケップルは、株式会社ケップルアフリカベンチャーズの関係会社である株式会社Crediationが資金調達を実施したことを発表しました。 Crediationは、ケニアでB2…
フードロスを活用したコオロギ生産などの「エコロギー」が資金調達
2021年12月27日、株式会社エコロギーは、資金調達を実施したことを発表しました。 フードロスを活用したコオロギの生産や、マルマタしょう油合資会社と共同でのコオロギ味噌/醤油の開発・提供、コオロギ粉…
オールインワン型BtoBマーケティングツール「ferret One」など提供の「ベーシック」が11億円調達
2021年12月2日、株式会社ベーシックは、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オールインワン型BtoBマーケティングツール「ferret One」や、フォーム作成管理ツール「for…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ