注目のスタートアップ

メタバース領域における法律相談AIサービス「ロボット弁護士」などを手がける「Robot Consulting」が資金調達

company

2024年4月2日、株式会社Robot Consultingは、資金調達を実施したことを発表しました。

これにより、累計調達額は10億7,110万円となりました。

Robot Consultingは、メタバースの法律について相談できるAIサービス「ロボット弁護士」や、給与計算・勤怠管理・補助金や助成金申請などをサポートする「労務ロボ」、弁護士業務や個人相談を効率化するAIサービス「弁護ロボ」などを展開しています。

ナスダック市場への上場を目指して準備を進めています。

また、元大阪知事で弁護士の橋下徹氏が代表を務める弁護士法人橋下綜合法律事務所との共同事業も予定しています。


社会的な活動を行う場合、何らかのトラブルに見舞われることがあります。

当事者間で解決できるトラブルであればそう大きな問題にはなりませんが、法的な解決が求められる場合、どのような対処が適切なのか、多くの人は判断することが難しいでしょう。

とくに企業や個人事業主などは、法律が関わるトラブルに遭遇した場合、大きな損失が発生してしまう可能性があります。

そのため大企業であれば顧問弁護士と契約したり、弁護士などの専門家を雇用したりすることで法務体制を整備しています。

しかし個人事業主・スタートアップ・中小企業はコストの問題から弁護士などの専門家を活用することが難しく、トラブルの解決において不利な立場に追いやられてしまうことがあります。

近年はこうした課題を解決するため、法的サービスをより幅広いユーザーが活用できるようにするスタートアップが登場しています。

Robot Consultingはその中でも、まだ法が定まっていなかったり、法律の解釈が定まっていなかったりと、法的に混沌の状態にあるメタバースにおいて法律相談ができるAIサービス「ロボット弁護士」を手がけています。

ビジネスにはさまざまな法律が関わってきます。近年はガバナンス・コンプライアンスを重視する時代となってきていますので、スタートアップであってもきちんと法律を把握し対策することが肝心です。「冊子版創業手帳」では、創業期における気をつけておくべき法律について詳しく解説しています。また、無料で弁護士などの専門家も紹介していますので、ぜひご活用ください。

また、強固な企業体制を構築するには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AIサービス BtoB Robot Consulting サポート ナスダック メタバース リーガルテック ロボット弁護士 助成金 労務ロボ 効率化 勤怠管理 弁護ロボ 弁護士 株式会社 法律 法律事務所 申請 相談 給与計算 補助金 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

IT導入支援などの「チェンジ」が中古不動産流通サービスの「GA technologies」に出資
平成29年11月27日、株式会社チェンジは、株式会社GA technologiesの株式を取得すると発表しました。 GA technologiesが第三者割当による自己株式の処分を行い、チェンジがそれ…
SRE特化型コンサルティング事業「Sreake」などを展開する「スリーシェイク」が7.48億円調達
2022年6月7日、株式会社スリーシェイクは、総額7億4,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スリーシェイクは、SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」や、セキュリ…
「花粉の少ない森林への転換促進対策事業」補助金
林野庁は「花粉の少ない森林への転換促進対策事業」の公募について発表しました。 花粉発生源対策を推進するための次の取り組みを支援します。 (1)効果的な花粉発生源対策の実施に向けた普及及び調査 花粉発生…
未上場株管理ツール「FUNDBOARD」運営の「ケップル」が4.7億円調達
2021年7月14日、株式会社ケップルは、総額約4億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 VC・事業会社向けの未上場株式管理ツール「FUNDBOARD」や、スタートアップ向けの株主総…
法人在庫処分業を展開する「shoichi」が14億円調達
2023年6月15日、株式会社shoichiは、銀行融資を中心に総額14億円の資金調達を実施したことを発表しました。 shoichiは、法人在庫処分業務、アパレル・雑貨などの小売、卸、アパレル・雑貨な…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】