「農山漁村振興交付金(農山漁村発イノベーション対策 地域活性化型)のうち農山漁村関わり創出事業「農山漁村体験研修の実施、情報の発信及び共有」」

subsidy

農林水産省は、令和6年度「農山漁村振興交付金(農山漁村発イノベーション対策)(農山漁村発イノベーション推進事業(地域活性化型)のうち農山漁村関わり創出事業「農山漁村体験研修の実施、情報の発信及び共有」)」の公募について発表しました。

農山漁村振興交付金を交付し、就職氷河期世代を含む多様な人材が農山漁村を知り、農山漁村の生活を体験することを通じて、農山漁村でのさまざまな活動に、農山漁村に興味がある多様な人材が関わることができる仕組みの構築を図る取り組みを支援します。

事業内容

「農山漁村体験研修の実施」
農山漁村地域において、
1. 農林水産業をはじめとする農山漁村の生活についての体験研修を、情報の発信及び共有の事業実施主体と連携して体験研修の参加者を募集しつつ、受入地域と連携して実施するとともに、
2. 就職氷河期世代を含む、農山漁村に興味がある多様な人材が農山漁村に関わることができる仕組みの自走化の構想を示すこと。

「情報の発信及び共有」
事業を効果的に実施するために、
1. 研修参加者の募集に際しての一元的な広報、
2. 農山漁村体験研修の取り組み内容及び成果のとりまとめ、
3. 「農山漁村体験研修の実施」の異なる事業実施主体間の情報交換の場となるプラットフォームの構築、
4. 先進的事例の収集及び整理、
5. 「農山漁村体験研修の実施」に関する経理処理の相談窓口の設置、
6. 「農山漁村体験研修の実施」の事業実施主体へ体験研修事業の自走化に向けた助言を行う。

提出期限

2024年2月28日(水)17:00


「農山漁村振興交付金」は、少⼦⾼齢化・⼈⼝減少が進む農⼭漁村において、「しごと」「くらし」「活⼒」「⼟地利⽤」の観点から農村振興施策を総合的に推進することにより、関係⼈⼝の創出・拡⼤を図るとともに、農林⽔産業に関わる地域のコミュニティの維持と農⼭漁村の活性化及び⾃⽴化を後押しすることを目的とした交付金です。

そのうちの「農⼭漁村発イノベーション対策」は、農林⽔産物や農林⽔産業に関わる多様な地域資源を活⽤し、付加価値を創出するとによって、農⼭漁村における所得と雇⽤機会の確保を図る取り組み等を⽀援するものです。

農山漁村では、少子高齢化・人口減少が進んでいます。農業や漁業は国内に食料を供給するという重要な役割を担っており、持続的に農業・漁業を続けていけるような環境を構築することが重要です。

こうした中、農山漁村において関係人口を増加させるための取り組みが注目されています。

関係人口とは、移住した定住人口でも観光で訪れた交流人口でもなく、地域と多様な形で関わる人びとのことです。

その地域への愛着が育つことで将来的に移住につながる可能性があるほか、他者にその地域の魅力を広めたりするなど、地域の活性化にとって重要な役割を果たします。

近年、都市生活者の間では、都市だけで生活を完結させずに、田舎との関わりを増やそうと考える人が増加しています。

たとえば、農作物のオーナー制度を利用して農業体験や農泊などを行う人が挙げられます。

農林水産省は、こうした人をより多く取り込むため、新たな取り組みを交付金によって支援しています。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、ブルーベリーファームおかざきとコラボし、農業での起業について解説する冊子「ブルーベリー観光農園始め方ガイド」を無料でお送りしています。このガイドブックでは、ブルーベリー農園立ち上げのリアルな実体験や、事業計画の作り方、経営手法などを解説しています。

さらに、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 体験研修 情報発信 観光 農山漁村 農山漁村振興交付金 農山漁村振興交付金(農山漁村発イノベーション対策 地域活性化型)のうち農山漁村関わり創出事業「農山漁村体験研修の実施、情報の発信及び共有」 農山漁村関わり創出事業「農山漁村体験研修の実施、情報の発信及び共有」 関係人口
詳細はこちら

令和6年度農山漁村振興交付金(農山漁村発イノベーション対策 地域活性化型)のうち農山漁村関わり創出事業「農山漁村体験研修の実施、情報の発信及び共有」の公募について

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

特別な体験型コンテンツに出会える予約サイト「Otonami」とインバウンド向け予約サービス「Wabunka」を展開する「J-CAT」が資金調達
2024年6月13日、J-CAT株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 J-CATは、特別な体験型コンテンツに出会える予約サイト「Otonami(おとなみ)」と、インバウンド向け予約サービ…
空間の価値を最大化するソリューション「StayX」を提供する「matsuri technologies」が資金調達
2024年2月15日、matsuri technologies株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 matsuri technologiesは、ソフトウェアを主軸に空間の価値を最大化する…
【2024年10月17日-18日開催】「Japan MICE EXPO 2024」
「Japan MICE EXPO 2024」のご案内です。 Japan MICE EXPO 2024実行委員会(公益財団法人大阪観光局、株式会社大阪国際会議場、一般財団法人大阪国際経済振興センター)は…
会員制宿泊予約サイト「itoma」を運営する「Finder&Giver」がMBOと資金調達を実施
2023年2月7日、Finder&Giver株式会社は、「itoma」事業の責任者である篠田氏によるマネジメントバイアウト(MBO)と、資金調達を実施したことを発表しました。 Finder&Giver…
訪日外国人観光客向けWebマガジン運営の「MATCHA」が1.3億円調達
2022年6月1日、株式会社MATCHAは、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 MATCHAは、訪日外国人観光客向けWebマガジン「MATCHA」を運営しています。 今後…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】