インバウンド旅行者向けプライベート・ツアー・サービス「otomo」が関西圏にエリア拡大

2019年3月6日、otomo株式会社は、関西圏にサービスの提供エリアを拡大することを発表しました。

otomo株式会社は、インバウンド旅行者向けのプライベート・ツアー・サービス「otomo」を運営しています。
国内各地域の外国語スキルを持つ人材(外国語人材)をガイドとして紹介する、というサービス内容です。
ガイドは、18歳以上で一定レベル以上の外国語スキルを有していれば、国籍や職業、資格を問わず、誰でも登録することができます。

今回のエリアの拡大により、大阪府・京都府・奈良県・兵庫県において、合計60種類以上のツアー・プランでプライベート・ツアーを提供します。

otomo株式会社 取締役COO 北川 朝輝氏からコメントが届きました!

今回の提供エリア拡大について、otomo株式会社の取締役COO 北川 朝輝氏からコメントが届きました!

北川 朝輝(きたがわ ともき)
otomo株式会社 取締役COO

1991年6月高知生まれ。早稲田大学商学部在学中より、ベンチャー企業での新規事業立案や、外資系コンサルティング会社でのリサーチ業務などを通じてビジネスに携わる。
新卒でPwCコンサルティングに入社し、一貫して戦略領域のコンサルティングに従事。海外市場進出戦略策定や、新規事業戦略策定など、戦略及び新規事業を中心とした数多くのプロジェクト経験を有する。
趣味は国内旅行で、特に京都は年に数回訪れる。京都だけでなく、日本各地の観光資源を活用し、日本のインバウンド観光を活性化させたいという想いから、otomo株式会社を創業。
ー今回のサービス拡大につきまして、目的は何でしょうか?

目的は、大きく分けて2つあります。

1つ目は旅行者ニーズに応えるためです。
日本を訪れる旅行者の行き先は多様化している中、関西圏はインバウンド旅行者に最も人気なエリアの1つで、いずれの府県も日本国内において人気の訪問先となっています。関東圏のみのサービス提供では旅行者のニーズに応えきれないと判断しました。

2つ目は、弊社の事業コンセプトを実現するためです。
弊社は「地域に存在する未だ知られていない魅力的なスポットに焦点を当てる」というコンセプトを掲げており、関西でもそういったツアープランを数多く準備しました。
特に大阪や京都ではオーバーツーリズム(観光地が耐えられる以上の観光客が押し寄せる状態(過剰な混雑)のこと)が深刻化し、旅行者の満足度低下や市民生活への影響といった問題が顕在化しています。今回の関西展開によって、少しでもオーバーツーリズムの解消に貢献したいと考えています。

ー今回のサービス拡大につきまして、反響はありましたか?

既に関西にお住まいのガイドの方々や各種企業、自治体の方からお問い合わせを頂いております。
関西圏の方々とは、今回の発表を行う以前からツアープランの作成等でコミュニケーションしてきましたが、地域を盛り上げようという意思を関東以上に感じることもしばしばあります。
今回の発表を皮切りに、関西のガイドの方はもちろん、自治体や地域企業の方々との取り組みも積極的に進めて行きたいと考えております。

ー今後の展開について、教えてください。

今後も引き続き日本各地へのエリア拡大を進める予定です。
その際、関東、関西と異なり、地方ではインフラの外国語対応が未整備であったり、ガイド人材の不足といったハードルがあります。
そのため、それぞれの地域が持つ特徴を活かしたツアープランの作成はもちろんのこと、ガイドへのサポートや地域との連携がより一層重要になると考えています。
これまでの事業運営で培ったノウハウを活かし、各地域で上記の課題を乗り越え、旅行者に満足いただけるサービスを日本全国で提供できるよう取り組みを進めていきます。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 観光
関連記事はこちら

インバウンド旅行者向けプライベート・ツアー・サービス「otomo」が正式リリース

この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

民泊・宿泊事業者向け代行運営の「PIPI」のが4.2億円調達!
株式会社PIPIは、総額約4億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 バケーションレンタルマネジメント代行サービスの「PIPI Hosting」を運営しています。 物件選びから、インテ…
英語圏訪日外国人の集客設計・実行・送客を行う「Tokyo Creative」が「杏林大学」と共創し「オンラインインターンシップ」を実施
2020年9月17日、Tokyo Creative株式会社は、同社のCOOである中川智博氏が、杏林大学外国語学部観光交流文化学科における選択必修科目「インターンシップⅠ」のゲスト講師として「オンライン…
地域情報サイト「まいぷれ」運営の「フューチャーリンクネットワーク」が「まいぷれ金沢・野々市」を新規オープン
2020年10月5日、株式会社フューチャーリンクネットワークは、「まいぷれ金沢・野々市」を2020年10月1日にオープンしたことを発表しました。 「まいぷれ金沢・野々市」は、石川県金沢市・野々市市のイ…
民泊管理システム提供の「matsuri technologies」が数億円調達
平成30年5月23日、matsuri technologies株式会社は、数億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先のひとつであり、株式会社ファンドクリエーションとは資本業務提携した…
次世代リゾート潜水船開発の「OCEAN SPIRAL」が4,000万円調達
OCEAN SPIRAL株式会社は、4,069万円の資金調達を実施したことを発表しました。 「海を日常に」をミッションに掲げ、海を誰もが行ける場所(観光や研究開発等)にするため、次世代リゾート潜水船 …

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ