注目のスタートアップ

生成AIによる問題解決機能を搭載したプロジェクト管理ツール「SolvifAI」を開発する「ソルビファイ」が3,300万円調達

company

2024年2月1日、ソルビファイ株式会社は、3,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ソルビファイは、生成AI搭載問題解決SaaS「SolvifAI」を開発しています。

プロジェクト管理ツールに生成AIによる問題解決機能を搭載したSaaSです。

IT/DXプロジェクトデータを学習したAIが課題の解決策や成果物ドラフトを作成することで問題解決をサポートします。どのようなユーザーでも生成AIの性能を最大限引き出せるUIを特徴としています。

また、議論内容の自動書き起こしや、要件整理/評価とAIによる推奨要件を加えた評価表を自動作成することで、上流工程業務を自動化します。

2024年3月にベータ版をリリースする予定です。

今回の資金は、ベータ版の開発、組織構築に充当します。


近年、デジタルトランスフォーメーション(DX)が急速に社会・企業で推進されています。DXとは、テクノロジーとデータの戦略的活用により、企業や組織を根本的に変革し、競争優位性を確立する施策のことです。

一方、国内の中小企業においてはDXの遅れが指摘されています。

中小機構の「中小企業のDX推進に関する調査(2023年)」によると、DXに取り組んでいる、または、予定している中小企業は全体の31.2%(前年比6.4ポイント増)と低い割合であることがわかります。

DXを推進できない企業の課題として大きなものとして、予算不足、IT・DX人材不足が挙げられます。

とくにIT・DX人材不足は深刻な問題です。DX人材が組織内にいない場合、企業は自身が抱えている課題に対し、どのような解決策が有効なのかを洗い出すことができません。

こうした企業の場合はデジタル化・DXの推進のため、外部のコンサルタント会社などに依頼することになります。しかしデジタル化・DXは一度やれば終わりの施策ではなく、テクノロジーの発展や経営戦略の変更などに伴い修正を加えていく必要があります。

外部に頼ったDXは組織内部にデジタル化・DXの知見が蓄積されにくいため、長期視点でデメリットを抱えています。

そこでソルビファイは、生成AIによる問題解決機能を搭載したプロジェクト管理ツール「SolvifAI」の提供により、これら課題解決を目指しています。

デジタル化・DXは企業の成長のために重要な取り組みです。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

また、システム整備のためには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB DX IT SaaS SolvifAI ソルビファイ デジタルトランスフォーメーション プロジェクト プロジェクト管理 問題解決 株式会社 生成AI 自動 自動作成 課題 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウド型AI乗合配車システム「Noruuu」を提供する「REA」と「JRA西日本グループ」が資本業務提携
2023年4月14日、株式会社JR西日本イノベーションズは、株式会社REAに出資を行い、同時に西日本旅客鉄道株式会社がREAと業務提携契約を締結したことを発表しました。 REAは、クラウド型AI乗合配…
分散型コンピューティングパワー(計算力)を提供する「モルゲンロット」が「鹿島建設」と資本業務提携
2022年6月9日、モルゲンロット株式会社は、鹿島建設株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 モルゲンロットは、分散処理コア技術「Excalibur」を中核としたソフトウェア開発力…
AI面接サービス「SHaiN」提供の「タレントアンドアセスメント」が3.35億円調達
株式会社タレントアンドアセスメントは、総額3億3,460万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン・アプリなどを介してAIが面接を行うサービス「SHaiN」を提供しています。 応募者…
eスポーツのオンライン大会プラットフォーム提供の「JCG」が5.7億円調達
2020年1月23日、株式会社JCGは、総額5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 eスポーツのオンライン大会プラットフォーム「JCG」の運営や、eスポーツ大会の企画・運営などを行…
「ギグベース」が資金調達 タレント採用プラットフォーム「gigbase」の正式版を公開
2022年7月28日、ギグベース株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「gigbase」の正式版を公開したことも併せて発表しています。 「gigbase」は、オールインワンのタレン…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】