AI自動翻訳「ヤラクゼン」がクラウドストレージの「Box」と連携し「ヤラクゼン for Box」を提供開始

tool

2022年5月6日、八楽株式会社は、提供する「ヤラクゼン」において、株式会社Box Japanが提供する「Box」と連携し、新サービス「ヤラクゼン for Box」の提供を開始することを発表しました。

「ヤラクゼン」は、ファイルをドラッグアンドドロップする、もしくは、テキストを入力して言語を選ぶだけで、AIによる自動翻訳を行うサービスです。

また、自動翻訳した文章は、自分で編集できるほか、翻訳会社に見積もり・注文することもできます。

形式としては、Word、Excel、Powerpoint、PDF、CSV、HTML、TXT、APIに対応しています。

今回の「ヤラクゼン for Box」は、Box Japanが提供するクラウドストレージサービス「Box」の指定フォルダにアップロードするだけで、翻訳ファイルを自動生成するというサービスです。

これによりクラウドストレージ内のセキュアな環境からファイルを取りだすことなく自動翻訳を行い、生成された翻訳ファイルをそのまま共有することが可能となります。

AI技術の進展により、自動翻訳の精度も大幅に向上しています。これまでは精度の問題でビジネスなどで使うには難がありましたが、現在では多少手を加えることで問題なく使用できる程度にまでなっています。

そのため自動翻訳を活用している組織も多くなってきていますが、無料で利用できる自動翻訳(Google翻訳やDeepL翻訳)などにビジネス文書をアップロードする際はセキュリティの問題があります。

自動翻訳にかける際には他企業にデータを渡すことになってしまうため、ビジネスで使用する際には送信した文書がサーバーに保存されないPro版の使用や、その他のビジネス向けのセキュリティに配慮した自動翻訳サービスを使用することが肝心です。

「ヤラクゼン」は、アカウントごとに翻訳データを個別管理し、データ通信の暗号化・バックアップなどのセキュリティ対策を行うことで、企業が安心して自動翻訳を活用できるようにしています。

また、今回の「ヤラクゼン for Box」の提供により、クラウドストレージ内での自動翻訳という業務効率化と、さらに強固なセキュリティの構築を実現しています。

海外市場は非常に大きな市場であるため、参入することで利益の向上を見込めます。「冊子版創業手帳」では、海外展開の始め方のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ AI Box クラウド ヤラクゼン ヤラクゼン for Box 八楽 株式会社 翻訳 自動翻訳
詳細はこちら

AI自動翻訳「ヤラクゼン」がクラウドストレージサービス「Box」と連携し、「ヤラクゼン for Box」の提供開始

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

成長企業向け法人カード提供の「UPSIDER」が38億円調達
2021年10月12日、株式会社UPSIDERは、総額約38億円の資金調達を実施したことを発表しました。 成長企業向けの法人カードサービス「UPSIDER」を提供しています。 成長投資に見合う利用限度…
VRライブ・プラットフォーム「VARK」運営の「ActEvolve」が資金調達
2019年12月5日、株式会社ActEvolveは、資金調達を実施したことを発表しました。 VRライブ・プラットフォーム「VARK」を運営しています。 バーチャル・アーティストのパフォーマンスを、自分…
ナス機能性食品事業やナスサプリメント事業展開の「ウェルナス」が資金調達
2022年2月8日、株式会社ウェルナスは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社リバネスキャピタルです。 機能性成分ナス由来コリンエステル(アセチルコリン)を高含有するナス機能性食…
「YAGO」が1億円調達 オンライン習い事マーケット「classmall」を正式リリース
2021年2月9日、株式会社YAGOは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、オンライン習い事マーケット「classmall(クラスモール)」を正式リリースしたことも併せて発表し…
東京大学・松尾研究室発のAIコンサルティングファーム「StatHack」が資金調達
株式会社StatHackは、資金調達を実施したことを発表しました。 StatHackは、東京大学松尾研究室が開発したAIスタートアップ起業家育成プログラム「起業クエスト」の卒業1期生が創業したAIコン…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ