注目のスタートアップ

在宅医療機関向けオンコール代行サービスを提供する「on call」が1.5億円調達

company

2023年11月29日、株式会社on callは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

on callは、在宅医療機関向けオンコール代行サービス「ON CALL」を提供しています。

在宅医療クリニックの夜間・休日対応をバックアップし、患者宅・介護施設への往診が必要な際に、医師と往診ディレクター(看護師)の2名体制で業務にあたるサービスです。

今回の資金は、オンコール代行サービス提供エリアの拡大(東京23区から首都圏エリアへ)、往診最適化アプリシステムの開発に充当します。


在宅医療(訪問診療や訪問看護など)では、在宅で療養する人の緊急時に対応するため、24時間365日対応できるよう待機するオンコール(夜間オンコール)という業務があります。

オンコールでは、本人・家族・夜間対応しているヘルパーなどから電話がかかってきたものを受け付け、電話越しで対応できるものは対応し、そうでない場合は現地訪問し対応します。

オンコールは利用者にとっては非常に安心できる体制ですが、オンコール当番の医師・看護師はいつ呼び出されるかわからないため、精神的に休まらず、強い業務負担を感じています。

こうした課題を解決するものとして、オンコール代行サービスが提供され、導入する在宅医療も増加しています。

高齢者の増加により在宅医療を希望する人も増加することが予測されているため、オンコールのアウトソーシングサービスは、今後も需要が高まっていくと考えられます。

株式会社on callのコメント

このニュースを受けまして、株式会社on callよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

資金調達の目的は、オンコール代行サービス提供エリアの拡大と往診最適化アプリシステムの開発です。

現在、東京都を中心にサービスを提供しておりますが、神奈川県・埼玉県・千葉県の首都圏エリアへ拡大いたします。

また、顧客医療機関の患者さんへ効率的に往診をするために、ドクター向けのアプリシステムの開発・医療機関向け基幹システムの機能拡充を進めてまいります。

・今後の展望を教えてください。

今回のサービス提供エリアの拡大やアプリシステムの開発により、2028年までに対応想定患者数を5,000名(23年11月時点)から30万名を目指す他、13,000名の医師を確保することで持続可能なサービス提供を実現します。

・読者へのメッセージをお願いします。

皆様自身や家族の多くがこの在宅医療に関わることになります。

どのように最期まで幸せな時間を過ごすのかをテーマに事業を作って参りますので、応援宜しくお願いします。関わってくださる仲間も随時募集しております。

創業期はフットワークの軽い運営が求められます。事務作業などをアウトソーシングすることで、企業を成長させることに集中することができます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

また、円滑に業務を進めるには組織をしっかりと構築することも重要であり、そのための資金調達なども必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、融資やVCから出資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ on call アウトソーシング クリニック コールセンター サービス 介護 介護施設 代行 休日 医師 医療 在宅医療 在宅医療機関 夜間 夜間オンコール 往診 株式会社 看護師 訪問看護 訪問診療 資金調達 電話対応
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オンライン商業登記支援サービス「GVA 法人登記」などを展開する「GVA TECH」が「Chatwork」と資本業務提携
2022年9月15日、GVA TECH株式会社は、Chatwork株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 GVA TECHは、Ai契約書レビュー支援クラウドサービス「GVA ass…
宇宙機開発事業などを手掛ける「PDエアロスペース」が1億円調達
2020年4月15日、PDエアロスペース株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 高度100kmに到達可能な「完全再使用型サブオービタル宇宙飛行機」の開発や、航空宇宙、自動車、I…
キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+」運営の「シルタス」が5億円調達
2021年2月18日、シルタス株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+(シルタス)」を運営しています。 キャッシュレス決済…
データ・セキュリティ技術を研究開発する「Acompany」が資金調達
2020年4月6日、株式会社Acompanyは、資金調達を実施したことを発表しました。 秘匿計算(秘密計算)技術とブロックチェーン技術を中心に、データ・セキュリティの研究開発を行う、名古屋大学・名古屋…
「日本投資ファンド」が冷凍食品を主力とする冷凍食品メーカー「PIZZAREVO」と戦略的資本提携
2023年5月12日、株式会社日本M&Aセンターホールディングスは、株式会社日本政策投資銀行と共同設立した株式会社日本投資ファンドが運営する日本投資ファンド第1号投資事業有限責任組合が、株式会社PIZ…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】