令和5年度「既存建築物省エネ化推進事業(省エネルギー性能の診断・表示に対する支援)」補助金

subsidy

一般社団法人環境共生住宅推進協議会は、令和5年度「既存建築物省エネ化推進事業(省エネルギー性能の診断・表示に対する支援)」を実施しています。

改正建築物省エネ法に基づく省エネ性能表示制度が令和6年4月度に施行予定であることを踏まえ、施行に先立ち、既存住宅・建築物の販売・賃貸の際の広告等への省エネ性能表示を行う先行的な取組を支援します。

主な事業要件

・延べ面積300㎡以上の既存住宅・建築物において行う省エネルギー性能の診断・表示
(住宅については複数戸を合算し、1プロジェクトとして提案することも可能)

補助対象費用

・省エネルギー性能の診断に要する費用
・省エネルギー性能の第三者認証・認定の取得に要する費用
・省エネルギー性能の表示に要する費用(広告表示等に要する費用)

補助率・補助限度額

・補助率:経費の1/3
・補助限度額:
(非住宅)1棟あたり100万円
(共同住宅)1棟あたり100万円、または1戸あたり5万円のいずれか低い額
(戸建住宅)1戸あたり5万円

応募・交付申請期間

・2023年8月21日(月)~2023年11月30日(木)


世界的にSDGs(持続可能な開発目標)が推進され、さまざまな領域で環境にやさしい取り組みが進められています。

建築物分野は、国内におけるエネルギー消費量の約3割を占める分野であるため、地球温暖化対策のためには、建築物分野における取り組みが重要となっています。

したがって、政府は、建築物の省エネ性能の一層の向上を図る対策の抜本的な強化などを図るため、2022年6月17日に「改正建築物省エネ法」を公布しました。

この改正の主な変更点は以下の7点です。

・建築主の性能向上努力義務
・建築士の説明努力義務
・省エネ基準適合義務の対象拡大
・適合性判定の手続き・審査
・住宅トップランナー制度の拡充
・エネルギー消費性能の表示制度
・建築物再生可能エネルギー利用促進区域

「既存建築物省エネ化推進事業(省エネルギー性能の診断・表示に対する支援)」は、このうちエネルギー消費性能の表示制度に対応するための補助金です。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 住宅 助成金 既存建築物省エネ化推進事業 省エネルギー性能の診断・表示に対する支援 省エネ性能 表示 補助金
詳細はこちら

既存建築物省エネ化推進事業(省エネルギー性能の診断・表示に対する支援)

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

住宅デザイン・リノベーション事業の「リノべる」が13億円調達!
2017年4月4日、リノベる株式会社は、総額13億円の資金調達を実施しました。 調達先は三井物産です。 オンラインと店舗で、物件の選定からリノベーションプランの提案まで提供しています。 また、home…
屋根一体型太陽光パネルとHEMSを開発・販売する「モノクローム」が「ダイキン工業」と資本業務提携
2024年2月7日、株式会社モノクロームは、ダイキン工業株式会社との資本提携を第三者割当増資により実施し、あわせて業務提携を開始したことを発表しました。 モノクロームは、屋根一体型太陽光パネルとHEM…
メンバーシップ制セカンドホームサービス「SANU 2nd Home」を手がける「Sanu」が70億円調達
2024年4月3日、株式会社Sanuは、総額70億円の資金調達を実施したことを発表しました。 この資金調達により、累計調達金額は120億円となりました。 Sanuは、メンバーシップ制セカンドホームサー…
「工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業(SHIFT事業)」2次公募
2023年8月1日、環境省は、2023年度「工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業(SHIFT事業)」の2次公募について発表しました。 「工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業(S…
【東京都】「観光関連事業者の連携促進による経営支援事業補助金」
公益財団法人東京観光財団は「観光関連事業者の連携促進による経営支援事業補助金」について発表しました。 東京都内の旅行業者が観光関連事業者と連携し、地域の特色等を活かした新たな旅行商品を造成する取り組み…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】