注目のスタートアップ

体重測定できるバスマット「スマートバスマット」を展開する「issin」が5.3億円調達

company

2023年1月19日、issin株式会社は、総額5億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

issinは、体重測定できるバスマット「スマートバスマット」を開発・販売しています。

見た目はシンプルなバスマットであり、風呂上がりに3秒間乗ることで日々の体重を記録することができる体重計です、

体重計本体には体重表示がなく、毎日の体重変化・BMI変化はスマートフォンに記録されます。

また、「スマートバスマット」ユーザー向けの新サービスとして、健康的な生活習慣を確立するためのコーチングである「ヘルスコーチング」の実証実験を開始しています。

正式サービスのローンチは2023年6月を予定しています。

今回の資金は、ヘルスケアに係るプロダクト・サービスの開発や、人材採用の強化、海外展開の加速に充当します。


体重は健康のバロメーターといわれています。太りすぎ・痩せすぎは、健康上のさまざまなデメリットを生じさせます。

さらに、疾患の初期症状として急激な体重の増減があらわれることもあるため、日々の体重の記録は健康管理上重要なものとなっています。

一方、体重計を保有している世帯は多いものの、実際はあまり使用していない、もしくはまったく使用していないという人が多いことが課題となっています。

オムロン ヘルスケア株式会社の「30代~50代の男女1300人に聞いた体重測定に関する意識調査」によると、使用していない理由としては、男性は「面倒くさい」、女性は「現実逃避」がもっとも多い結果となっています。

issinは、この体重計が使用されないという課題を解決するため、無意識に利用できるバスマット型の体重計「スマートバスマット」を展開しています。

体重計をバスマットとして使用することで、無意識に利用できるようにし、さらに体重計本体には体重を表示しないことで、体重を見るという精神的な負担から開放しています。

健康管理は生産性の高い仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけではなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「オフィス移転手帳」では、社労士によるストレスチェック対応について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BMI ISSIN ウェルビーイング スマートバスマット データ ヘルスケア ヘルスコーチング ヘルスデータ 体重 健康 株式会社 記録 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

建設用3Dプリンター事業など展開の「Polyuse」が8,000万円調達
2021年4月21日、株式会社Polyuseは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設用3Dプリンターの実用化に向けた開発、次世代測量技術の開発、社内に抱えるハードウェア・ソ…
社食シェアリング・サービスの「togo」が1億円調達 「Taberu Technologies」に吸収合併
2019年9月4日、株式会社Taberu Technologiesは、株式会社togoが、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2019年9月1日を効力発生日として、Taberu …
体験型アルバイト情報サービス運営の「スポットメイト」が資金調達
2019年10月9日、スポットメイト株式会社は、株式会社USEN-NEXT HOLDINGSと、資本業務提携したことを発表しました。 スポットメイトは、業務店が体験型のアルバイト人材を募集できる…
DX推進と内製化を支援する「STANDARD」が5億円調達
2022年11月2日、株式会社STANDARDは、約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、スパークス・アセット・マネジメント株式会社が運営する「未来創生3号ファンド」です。 STA…
日用品D2Cサブスクリプション・ブランド「GALLEIDO」展開の「SIKI」が資金調達
2020年12月25日、SIKI株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 日用品D2Cサブスクリプション・ブランド「GALLEIDO」を展開しています。 2020年12月現在、電動歯ブラシ「…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ