注目のスタートアップ

EV充電サービスを展開する「プラゴ」が資金調達

company

2023年1月18日、株式会社プラゴは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、総合リース会社3社(JA三井リース株式会社、東京センチュリー株式会社、三井住友ファイナンス&リース株式会社)です。

プラゴは、都市のライフスタイルを想定した急速充電器「PLUGO RAPID」、EV充電スタンド「PLUGO BAR」「PLUGO WALL」、限られたスペースにも設置できる充電器「PLUGO BOX」(2023年発売予定)、EV充電予約アプリ「Myプラゴ」、予約を前提とした充電スタンド「マイ充電ステーション」などを展開しています。

「マイ充電ステーション」は、商業施設などの充電器を事前に予約できるようにすることで、充電できないという不安を解消し、利便性の高い充電を実現するサービスです。

今後、人口集積地の商業施設などを中心に、2025年末までに1,000拠点・1万基のEV充電ステーションの導入を目指します。

今回の資金は、EV充電ステーションの拡充、サービス向上の加速に充当します。

さらに、モビリティ領域を含む幅広い金融ソリューションや、多様なネットワーク、アセットを持つリース事業と連携したソリューションの共創を行っていきます。


世界的な気候変動への対策として、ガソリン車から電気自動車(EV)への転換が推進されています。

たとえばEU(欧州連合)は、2035年以降、ハイブリッド車を含むガソリン車の新車販売を事実上禁止にするという方針を明らかにしています。

また、日本は「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」によりEV戦略について具体的な数値を示し、乗用車は2035年までに新車販売で電動車100%にすること、商用車については、小型車両は新車販売で2030年までに電動車を20%~30%、2040年までに電動車・脱炭素燃料車を100%にすることを掲げています。

一方で、2021年の国内の新車販売台数の割合としては、EVが0.9%、PHVが0.9%であり、欧米・中国・米国と比べると低い水準となっています。

国内でEVが普及しないのは、充電インフラの整備が遅れていることが理由として挙げられます。

EVは急速充電であっても15〜60分程度の時間がかかります。さらに地方では充電スタンド・充電設備の数が少なくなるため、旅行などの長距離の移動において不便が生じてしまうという課題を抱えています。

さらに都市圏においても、マンション住まいなど自宅に充電設備を設置できないEVユーザーが一定数いることがわかっており、不十分な充電環境はEVの普及にとって大きな足枷となっています。

プラゴは、商業施設、ゴルフ場、ホテルなどに充電ステーションを整備し、自身の用事の間にEVが充電されているという「ながら充電」が可能な環境を構築することで、EVにおける充電の課題を解決することを目指しています。

さらに充電ステーション・充電機器の増加により、景観汚染や視覚的ノイズが増加することを抑制するため、木目調など景観に調和したデザインの充電器を提供しています。

企業の成長には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との連携・提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EV EV充電ステーション MY PLUGO Myプラゴ PLUGO BAR PLUGO BOX PLUGO JOURNAL PLUGO RAPID プラゴ マイ充電ステーション 予約 充電 充電スタンド 株式会社 資金調達 電気自動車
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウド決算開示管理サービス「Uniforce」提供の「start-up studio」が「エアトリ」と資本業務提携
2022年6月30日、株式会社start-up studioは、株式会社エアトリと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 start-up studioは、クラウド決算開示管理サービス「Un…
中国を中心とした越境ビジネスプラットフォームを展開する「トレンドExpress」が33億円調達
2022年10月19日、株式会社トレンドExpressは、総額約33億円の資金調達を実施したことを発表しました。 トレンドExpressは、顧客企業の中国市場への参入を支援するため、データ解析による中…
データサイエンス事業を展開する「エスタイル」が「日鉄ソリューションズ」と資本業務提携
2022年9月6日、株式会社エスタイルは、日鉄ソリューションズ株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 エスタイルは、データをさまざまな手法で解析し、企業の課題解決のため提案から実装…
オンラインイベント・展示会プラットフォーム「EventBASE」提供の「ストラーツ」が2.15億円調達
2022年1月20日、株式会社ストラーツは、総額2億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンラインイベント・展示会プラットフォーム「EventBASE」を提供しています。 企業と来…
NFCデジタル本人確認アプリサービス「CWORK」が正式リリース
2022年3月11日、コネクテック株式会社は、「CWORK」を正式リリースしたことを発表しました。 「CWORK」は、スマートフォンのNFC機能を利用して、本人確認用の主要ICカードに対応できる、本人…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ