注目のスタートアップ

給与即時アクセスサービスを提供する「ADVASA」が資金調達

company

2023年1月6日、株式会社ADVASAは、資金調達を実施したことを発表しました。

ADVASAは、いつでも働いた分の給与に即時アクセスできる環境(EWA:Earned Wage Access )を、銀行口座からキャッシュレスでの受取、決済までを一気通貫で提供し、さまざまな金融サービスのプラットフォームとなる福利厚生ペイメントサービス「FUKUPE(フクペ)」を展開しています。

さらに、金融機関へのOEM提供や、立替型給与即時アクセスに関する特許のライセンス許諾などのパートナーシップ戦略を展開しています。

2023年4月に予定されている賃金のデジタル払いの解禁を見据え、日本のHR事業者各社およびペイメント事業者各社とのシステム連携、OEM提供、パートナーシップ戦略を通じ、企業・従業員の双方に最適なEWA機能の開発・提供を進めていきます。


給与の支払いは、1ヶ月に1回、もしくは2週間に1回と固定されていることが基本です。

これは企業としては経理業務の負担を軽減するためのものであり、従業員も当たり前のこととして受け容れています。

一方、労働者は怪我・病気・トラブルなどで突然の出費があった場合、生活費としてお金を借り、利子を払うケースもあります。

企業と従業員の関係が良好であった場合は、給与を前借りできることもあるほか、福利厚生として従業員貸付制度がある場合はこれを利用して、通常よりも安価な金利でお金を借りることもできるでしょう。

もし働いた分の給料がいつでも受け取ることができたならば、こういった問題を減らすことができると考えられます。

そこで登場したのが給与前払いサービスです。企業には従業員の定着につながる福利厚生サービスと注目され、金融サービスとして着実に普及してきています。

米国ではEWA(Earned Wage Access)と呼ばれ、Uber、マクドナルド、ウォルマートなどの大手企業が採用しています。

さらにEWAでは給与がデジタル口座に即座に振り込まれ、キャッシュレス決済によって日々の決済で利用できるというフローが確立されています。

ADVASAは、EWA事業拡大のために重要な「立替型」の基本特許を取得し、米国・日本・シンガポール・韓国・中東・アフリカ地域まで、広範にわたる特許ポートフォリオを保持しています。

資金繰りは企業、とく創業期においては非常に重要な要素です。もし資金繰りが上手くいかなければ、黒字なのに事業を畳まなくてはならないこともあるからです。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の資金繰りや、キャッシュフローを見極めるためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ADVASA Earned Wage Access EWA FUKUPE OEM ライセンス 福利厚生 給与即時アクセス 金融 金融サービス
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

株式会社VACAVO 長岡康生|食育コンテンツの企画・運営事業が注目の企業
食育コンテンツの企画・運営事業で注目なのが、長岡康生さんが2015年に創業した株式会社VACAVO(ヴァカボ)です。 食育というキーワードが一般的になってきました。医食同源と言われるように、『食』は生…
健康的な食事を届ける食の福利厚生サービス「OFFICE DE YASAI (オフィスで野菜)」運営の「KOMPEITO」が13億円調達
2022年3月3日、株式会社KOMPEITOは、総額約13億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オフィスに専用の冷蔵庫・冷凍庫を設置することで、健康的な食事が定期的に届くサービス「OFFICE…
オンライン・フィットネス・サービス運営の「LEAN BODY」が5.2億円調達
2021年1月12日、株式会社LEAN BODYは、総額5億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本最大級のオンライン・フィットネス動画配信サービス「LEAN BODY」を運営して…
建設・土木の生産支援クラウド提供の「フォトラクション」が「ランドデータバンク」提供の建設業界向け金融サービスと連携開始
2020年12月15日、株式会社フォトラクションは、株式会社ランドデータバンクと連携することを発表しました。 フォトラクションは、建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクショ…
オフィス向け置き社食サービス「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」運営の「KOMPEITO」が4億円超調達
2020年10月27日、株式会社KOMPEITOは、総額4億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 オフィス向け置き社食サービス「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」を運営していま…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ