注目のスタートアップ

ECの業務効率化を実現するノーコードツール「TēPs」を提供する「テープス」が5,000万円調達

company

2023年1月5日、テープス株式会社は、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

テープスは、ECの業務効率化を実現するノーコードツール「TēPs」を提供しています。

APIを介し、ECモール・カートや受注管理システム、Googleスプレッドシート、チャットツール、CRM、データベースなど、EC事業者が日々の業務で利用するさまざまなサービスの機能を自由に組み合わせ、自社独自の業務を自動化するツールを、ノーコードで素早く大量につくることができるツールです。

今回の資金は、ユーザビリティの改善、接続先・機能の拡充、サービスレベルの改良の推進に充当します。

経済産業省の「令和3年度デジタル取引環境整備事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、2021年の日本国内のBtoC-ECの市場規模は、20兆6,950億円(前年比7.35%増)となっています。

さらに、すべての商取引における電子商取引市場規模の割合であるEC化率については8.78%(前年比0.7%増)であり、EC市場が着実に拡大していることがわかります。

一方で、世界に目を向けてみると、2020年時点で米国のEC化率は14.5%、中国のEC化率は44%、世界全体のEC化率は16.1%となっています。

今後さらなる成長が見込まれている国内のEC市場ですが、EC事業では既存サービスでは効率化・自動化できない業務が数多く残されていることが課題となっています。

EC事業において必要となる業務は多岐にわたり、業務ごとに特化したサービスを利用することになりますが、サービス・ツール間の連携が不足していることが多く、手作業という非効率的な手段によって補っているという現状があります。

テープスはこの課題を解決するため、EC事業において利用するサービス・ツールを組み合わせ、自社に最適な自動化ツールを作り上げられるノーコードツール「TēPs」を提供しています。

テープス株式会社のコメント

このニュースを受けまして、テープス株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

TēPs はこれまで、主に国内の主要な EC モールに関わるバックヤード業務まわりの機能を充実させてきました。今後、より多くのカートシステムに関連する機能や、事業を成長させるためのフロント業務に関連する接続先や機能を拡充することで、よりたくさんの EC 事業者に対しての価値を提供し、EC 運営の必携ツールとしての価値を高めてまいります。

今回調達した資金をもとに、ユーザビリティーの改善や接続先・機能の増加、またサービスレベルの改良を押し進め、今後よりいっそうの事業規模の拡大を狙います。

・今後の展望を教えてください。

EC の現場には実に多くの業務課題が存在しており、TēPs が解決できているのはまだそのごく一部です。

今後は連携先の拡充や、機能を充実させることによって、さらに幅広い領域を自動化できるようにしていきたいと思います。

・読者へのメッセージをお願いします。

エンジニア不足が深刻化する日本において、TēPs のようなノーコードツールは重要な役割を担うと思います。

しかし、現場でノーコードツールを使いこなせる人はまだまだ少ないのが現状です。サービスの成長とともに、ノーコードツールを使いこなせる人を増やしていくことも、TēPs の役目だと思っています。

ECはコロナ禍において販路開拓や販路拡大のための重要なチャネルとなりました。一方でECにはEC独自の集客ノウハウが存在します。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットでの集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC TēPs ツール テープス ノーコード 株式会社 業務効率化 自動化 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を運営しています。 出張の要件を入力するだけで…
小型SAR(合成開口レーダー)衛星開発・運用の「QPS研究所」が10.5億円調達
2022年2月8日、株式会社QPS研究所は、総額約10億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また2021年12月9日には、総額38億5,000万円の資金調達を発表しています。 QP…
Web会議の音声をリアル・タイムで文字起こしする「ObotAI Minutes」が10/1から提供開始
2020年9月9日、株式会社ObotAIは、「ObotAI Minutes」を、AIチャット・ボットを導入した企業・自治体向けに2020年10月1日から無償提供開始することを発表しました。 「Obot…
地方移住支援プラットフォーム「flato」運営の「FromTo」が資金調達
2021年2月16日、株式会社FromToは、資金調達を実施したことを発表しました。 ふるさと開拓サービス「flato(ふらっと)」を運営しています。 地方で暮らす・働くを実践している人に質問・直接相…
eスポーツ大会運営などeスポーツ事業を展開する「TechnoBlood eSports」が資金調達
2022年6月28日、株式会社TechnoBlood eSportsは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、スマートフォンアクセサリーの販売や、ゲーミングモニターブランド「Pixio」の…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ